156.肉を斬らせて骨を断つ! 辻元清美から反日の崩壊が始まるか!?

そういえば、地元選出の民進党・辻元清美が森友問題からの早すぎる逃亡に疑念を抱いていたのだが、こういうことだったのかと妙に合点がいくのだが…。 事実ならば、これは反日政党と反日メディアが画策した安倍政権倒閣…国家転覆を狙った大疑獄事件に発展する可能性を秘めており、日本国に大激震が走ることを予感させるものである。 そもそも共謀罪法案が今国会のメインに上程されてから、突如浮上した森友問題に野党は矛…

続きを読む

155.表面を取り繕っても馬脚は現れる。

半島有事が現実化するなか、森友学園問題を最初から無理筋な安倍失脚を画策した朝日、反日野党連合は、籠池証人喚問決定で一挙に逃亡を始めた。 籠池の足元に入り込み、得意気に「政権が2つくらいぶっ飛ぶ」等と吹聴した元しばき隊の菅野完の逃亡も去ることながら、共謀罪阻止に必死で反対する民共等4野党が「これで安倍の首が獲れる」と意気込んで、籠池邸に乗り込んだところまではよかったものの、会談後は一挙にト―ンダ…

続きを読む

154.内戦状態と政治テロ

稲田潰しと籠池騒動の核心は、最初から安倍総理の失脚を狙った反日勢力の政治テロである。 朝鮮半島が緊張する中、明日国家総動員法が発令されてもおかしくないし、既に工作員や在日が水面下で蜂起の準備を進めていても不思議はない。安倍総理が発令したス-ダンからの自衛隊撤収も。朝鮮有事と無縁とは言い切れまい。 加えて共謀罪の閣議決定が秒読み段階に入ったとなれば、反日勢力にとっては窮地に追いつめられ死活問題…

続きを読む

153.手段を誤れば、時として野心は砕かれる。

都知事就任後の小池百合子氏は、再び世間から脚光を浴びる存在になった。 党の推薦が得られず、世間から悪名高き内田ドン率いる自民都議を敵に回して分裂選挙に持ち込み、孤軍奮闘する姿に都民、国民が熱く共感し、終わってみれば圧勝…という結果であった。 就任後は、東京五輪問題、豊洲移転問題…とりわけ利権問題に焦点を当て「都民ファ-スト」をキャッチフレ-ズに、都民、国民の喝さいを浴び一躍国民的ヒロインとな…

続きを読む

152.「自民党・和田政宗」氏の初仕事と追いつめられた者から発せられる嫌悪感。

日本のこころを離脱し自民党会派入りした和田政宗議員が、参院内閣委員会で質問に立ち、沖縄の反基地運動に極左暴力集団が関与しているとの答弁を引き出した。 もともと彼らが公安調査庁の監視団体に指定されていることは、ネットを通じて国民にも知られているところではあるが、基地移設に反対するメディアは隠蔽し、国会で公式に糺されることはなかった。 肝心なことは、このような反社会的勢力と、これを背後で操る敵性…

続きを読む