17.「日本は世界のひな形」超遠視眼的視点から転換期を見る。

現在、世相はまさに転換期の様相を呈している。 転換期には、裏が表に表出し、表が裏に沈みゆく現象…様々あるが、経済システムの逆転、統治機構の逆転、物質合理主義から精神性主導への転換である。 転換期には、地下で蠢いていたマグマが噴出するがごとく、隠されていたものが次々と露見し、それを抑え込もうとするものがどよめき、必死でくい止めようとしても表出する活力を抑えることはできないのである。 超遠視眼…

続きを読む

まだ何も終わっていない! 昂揚感に浸るのはまだ早い!

花菱様のアンケ-トでも仰られているように、サイレントマジョリティは次第に大きな声を上げ始めております。但し、この声の高まりは、騒音を意味するノイジ-マイノリティの「ノイジ-」とは全く別のものであり、静寂さの中に冷静でありながら、潜在意識に秘められていた情熱が、静かに日本人の心を甦らせ、目覚めつつある過程でのエネルギ-の集合体を感じさせるものです。 拙ブログに限らず、このところ「日本再生ブログ」…

続きを読む

16.不可解な事象は先を読む宝庫である。混乱してはならない。

不可解なことや腑に落ちないことが起きた時、その発言や発信が気になるときには、その裏で何かが動き出しているという視点から洞察する姿勢が大切であろう。 その視点から洞察しなければ、先を見る目が養われないし、先を予見することができないであろう。一喜一憂して動揺しているだけでは、混乱を招くだけであるばかりか、肝心な核心を見落としてしまうことになりかねない。予見する論評について、拙ブログではこれを゛フィ…

続きを読む

15.転換期の心得私論…近況報告に代えて。

自由な言論空間を広げるためにyahooからseesaaに引っ越して早40日経過した。yahoo時代はコメントにもログインが必要だとか、記事にするにも特定ブログや特定問題については公開を阻まれると思われるある種の言論弾圧を感じていた。 seesaaへ引っ越し後には、目覚ましく変わった。読者の方々はこの時を待っていたかのようにコメントが激増した。しかも、その大半は引っ越したことへの歓迎、激励のお言…

続きを読む

14.明鏡止水

「明鏡止水」 研ぎ澄ました鏡の如く、また静止清澄の水の如く、澄みきって、どんな小さなものをも心に写す心境のことで、剣道では相手の動きをこの浄瑠璃に写して直ちに対応しなければならない。 心にさざ波が立てば相手の動きをとらえることはできない。したがって剣道ではこの清澄な心境を「明鏡止水」と称して尊ぶのである。                                          (剣…

続きを読む