42.サミットの成功に危機感を感じる勢力の焦り。

あの悪名高きTBS・サンデ-モ-ニングのスポ-ツコ-ナ-で、ちょっとした珍事があった。 このコ-ナ-の最後で、関口宏が広島出身の張本勲氏に、オバマ大統領の広島訪問に対して感想を求めたところ、初の現役大統領訪問の実現について「…安倍総理で良かった…」と答えたので゛ある。 関口は不満げに「ああ、そうですか」と答えるのが勢一杯だったようで、途端に不機嫌になったのが印象的だった。 直ちにCMに切り…

続きを読む

41.ホスト国の特権を遺憾なく発揮した伊勢志摩サミット…安倍総理の戦略。

コメント常連の波羅様の「妄想劇場」が大変興味深い。 波羅(妄想劇場) 今回の伊勢志摩サミットで『電通解体』が国際合意されたと、私は見ています。 2020東京五輪からの電通排除は当然です。 アメリカやフランスでは、パナマ文書報道の主役はロシアでも中国共産党でも無く『電通』です。 先進国にとって露中は所詮敵国ですが、電通は獅子身中の虫ですからもっと大問題です。 タックスヘブン最大の問題はマネーロ…

続きを読む

40.伊勢志摩サミット…伊勢の地で新時代への岩戸開きが始まる。

記紀に登場する「天の岩戸神話」のヒロイン、天照大神を御祭神とする伊勢神宮の参道を、G7の首脳が肩を並べて和やかに闊歩する…恰も八百万の神々が出迎える中、新時代の岩戸開きを象徴するにふさわしいシ-ンである。 【伊勢志摩サミット】G7首脳が伊勢神宮訪問を称賛「素晴らしい経験をした」「悠久の歴史に感動」 以下は、以前ある読者の方から提供していただいたブログである。見に見えぬ形而上のことである故、解…

続きを読む

39.日本盟主論⑬ 縄文人のDNAを継承する「言霊」が世界を牽引する。

サミット各国首脳の賢島入り、余命Xdayと緊張感に包まれた一日であった。 かつてロンドンサミットの際、会場のスコットランドから遠く離れたロンドンでテロが発生した。この教訓を踏まえ、東京でも東京マラソンの倍にあたる19000名を動員して厳戒態勢に入った。ともあれ最善の防備体制によって、無事閉会まで漕ぎ着けることを祈るのみである。 「日本盟主論」初出稿からちょうど2年が経過した。 「世界の盟主…

続きを読む

38.日本盟主論⑫ 縄文文明への誘(いざな)い。

「日本再生計画のシナリオライタ-は(八百万の)神である」これは5/18出稿「36」に20ほど寄せられた中で、複数件あったアンサ-コメントである。 現実社会を論評する政治ブログにとって、見えない「神」の存在はその対極にあると言えよう。その意味では異例ともいえるが、ここのブログに限らず、最近は゛日本は八百万の神々に護られている゛とのコメントを目にすることが多くなった。 もともと拙ブログにとって「…

続きを読む