133.信じ抜く力…2016年、年の瀬に寄せて。

読者の皆様2016年も愈々年の瀬を迎えました。 今年を振り返れば拙ブログは、昨年の暮れあたりから陰湿な攻撃に遇い、三月には荒らしによる誹謗中傷バッシングが熾烈を極め、遂にはパソコン破壊を受ける事態となりました。 その後も水面下では執拗な攻撃が続きましたが、極力読者各位への影響を及ぼさないことを念頭に、ブログの方向性も近視眼的な事象に囚われる視点から脱皮し、遠視眼的視点に軸足をずらしたのもその…

続きを読む

132.戦後体制の終焉…安倍総理の真珠湾演説

安倍総理の真珠湾慰霊訪問とその演説は、国際社会に向けた、事実上の戦後体制の終焉宣言として(私自身は)受け止めた。 それについて難癖をつける民進党代表蓮舫や、中韓だけを取り上げて「海外の反応」といいつつ戦後体制の崩壊を認めたくない反日メディアは放っておけばよい。 何と言われようと、安倍総理は日本が生んだ不世出の21世紀を担う世界のトップリ―ダ―として、世界史に名を刻む偉業を成し遂げたことは事実…

続きを読む

131.「見える世界」と「見えない世界」で構築されているのが「この世」。

この世は、目に見えるもの(可視)と目に見えないもの(不可視)で成り立っている。 但し、目に見えないものを否定される向きの方はスル-されるのがよろしい。 だが、この目に見える、見えないは人間の肉眼での可視能力を基準にしているのであるから、「肉眼で見えないものが見える」特別な能力を持つ者以外の大多数の人間は「肉眼で見えるもの」は実在し、「肉眼で見えないもの」は空想、幻想の類で実在しないものとして…

続きを読む

130.光が当てられると闇の世界が炙り出される。

皆様には大変ご心配をお掛けしておりますが、一週間ぶりの更新となります。生活環境に変化がありました。これを機に、健康面や生き方を見直し、これまでの生活パタ―ンから脱皮を図る最後の機会を自らに課したいと考えました。当面は不定期出稿とならざるを得ませんが、いずれ新しいパタ―ンをルーティン化できる時がきますので、それまで暫くの間ご理解を賜ります様お願い申し上げます。 このように書くと、いかにも仰々しく…

続きを読む

129.money…年末ジャンボ10億円について考える。

一等と前後賞を合わせて10億円。1億円が105本当たる「ミニ」と1千万が1000本の「プチ」も併売されている年末ジャンボ宝くじ発売から、約2週間が経過した。 寒空の中、宝くじ売り場周辺は熱気に包まれ、冬の寒さを和らげている様にも感じられる。 一等の当選確率は、25ユニットで2000万通と書かれているので、限りなく0に近いということになる。但し、買わなければ当選確率0は確定だが、1枚でも買った…

続きを読む