153.手段を誤れば、時として野心は砕かれる。

都知事就任後の小池百合子氏は、再び世間から脚光を浴びる存在になった。 党の推薦が得られず、世間から悪名高き内田ドン率いる自民都議を敵に回して分裂選挙に持ち込み、孤軍奮闘する姿に都民、国民が熱く共感し、終わってみれば圧勝…という結果であった。 就任後は、東京五輪問題、豊洲移転問題…とりわけ利権問題に焦点を当て「都民ファ-スト」をキャッチフレ-ズに、都民、国民の喝さいを浴び一躍国民的ヒロインとな…

続きを読む

152.「自民党・和田政宗」氏の初仕事と追いつめられた者から発せられる嫌悪感。

日本のこころを離脱し自民党会派入りした和田政宗議員が、参院内閣委員会で質問に立ち、沖縄の反基地運動に極左暴力集団が関与しているとの答弁を引き出した。 もともと彼らが公安調査庁の監視団体に指定されていることは、ネットを通じて国民にも知られているところではあるが、基地移設に反対するメディアは隠蔽し、国会で公式に糺されることはなかった。 肝心なことは、このような反社会的勢力と、これを背後で操る敵性…

続きを読む

151.事の本質を看破する。

北のミサイル発射は、4発中3発がわが国の排他的経済水域に撃ち込まれたが、これは最早´有事´である。 その上、同時複数発射や発射地点が瞬時に見極められないなど、北の核ミサイル技術力の進歩が見られることから、ここにきて専門家の間では、わが国の迎撃ミサイルシステムの見直しが喫緊の課題として浮上するなど事態は風雲急を告げている、と危惧するのは私の過剰な心配性のせいなのだろうか。 そんな中で、朝日…

続きを読む

150.この3月、潮目は変わる!? ABE砲炸裂か!?

今や共謀罪に反対し、予算審議などそっちのけで森友学園問題を喧伝して、安倍政権失脚を目論む勢力は敢えて反社会勢力と言っていいだろう。 彼らにとって、安倍晋三総理は目の上のたんこぶである。 安倍政権の復活さえなければ、中韓特亜傀儡の工作集団として、今頃支那の属国としてわが国を軍門に下し、日本を乗っ取っていた可能性を否定することはできないだろう。 真正の日本国民であるならば、我が国は安倍晋三総理…

続きを読む