23.シリ-ズ・日本盟主論復刻版 ④幣立神宮…世界最古の宮に人類史の原点があった!

今回は、4/19出稿の゛19.熊本地震と幣立神宮゛にてご紹介した世界最古の宮・幣立神宮である。

2年前の出稿当時、よもやこの宮が鎮座する熊本、阿蘇を震源地とする大地震が起ころうなどとは考えてもいなかったことである。

不思議なことである。熊本大震災で余震が続く中、同時発生的に地球の裏側、南米・エクアドルでもマグニチュ-ド7.7の大地震が発生した。古代、海底に沈んだレムリア大陸にも所縁の幣立神宮。
あたかも、この地を起点にして世界に分散していったとされる人類発祥の原点、幣立神宮の波動に感応したかのようである。

既に論理の世界を超えているが、2年前に拙ブログが日本盟主論を手掛けた当時の訪問者数は現在の1割にも達していなかった。拡散力も影響力も皆無に等しかった。ましてや「日本盟主論」というテ-マそのものに関する論評は殆ど見当たらなかったが、覚醒の潮流が押し寄せている現在は状況が様変わりしている。だが、それも僅か2年前のことである。

政治ブログは、時々刻々と変化する国内外の現実社会の動きをタイムリ-に捉えて発信するものである。
今回シリ-ズ復刻版出稿に当たり、読者各位からは拙ブログのスタンスが変化したのではないかとのご指摘もあろうかと思うが、原点は何も変わっていない。

ただ当時、曲がりなりにも「日本盟主論」という遠大なテ-マを語るには、自分自身が日本の歴史についてあまりにも薄学であったため、日本を知り、日本の根源を知らずして語る資格があるのだろうかと自問自答していたことも事実である。
そこで自己研鑽している内に一連の日本創生当時にたどり着いたというのが経緯であった。
図らずも、現在の政治状況とはかけ離れているようにお思いの方も多いであろうが、転換期を迎えた今だからこそ日本の根源に触れなければならないとの思いが、今回の復刻版発信となったのである。

遥か彼方の日本創成期に触れたシリ-ズ①-④は、期せずして現在の世相に現出していることを感じざるを得ない。

シリ-ズ・日本盟主論復刻版
④幣立神宮…世界最古の宮に人類史の原点があった!  (出稿;’14年5月18日)

 


天皇家からスタ-トした日本盟主論を探求しているうち、当初の構想から思わぬ方向に展開せざるを得なくなっている。

それは、第1弾から第3弾を執筆しているうち、神武天皇から更に遡り地球創成期…そしてム-文明にまで至ることになろうとは夢にも思っていなかったのであるが…。

人類史を紐解いていくうち…世界史に刻まれた歴史の変遷は、もはや人智では計り知れない神の領域に踏み込まないことには、説明しようがなくなったからである。

その根拠は、以下の既稿に示した通りである。

日本盟主論 その1(天皇家の存在…世界最古にして世界唯一の皇帝)
日本盟主論 その2・歴史から抹消された出口王仁三郎の予見
日本盟主論 その3  日本に幽閉された国祖・国常立尊の胎動

そして、阿蘇山周辺にある天孫降臨の地、高千穂から30分ほど足を踏み入れた場所に鎮座する、世界最古の神社・幣立神宮にたどり着いた時、漸く日本が世界の人類史発祥の根源であり、人類史は日本から始まったことを探り当てたのである。

それこそが、世界の盟主たる日本…日本盟主論の核心に近づいたことを意味するものである。

幣立神宮…伊勢神宮建立2000年、出雲大社3500年…を遥かに遡る15000年前に建立された世界最古の神社、だがその存在を知る人は少ない。
それもそのはずである。
幣立神宮は、隠れ宮として封印されてきたからだ。

大和朝廷が大陸から侵入した際、古代神道を封印し天津神系伊勢信仰を立ち上げたが、幣立神宮には遥か以前より天照大神が祀られていたため、幣立が有名になってしまうと伊勢神宮の存在が薄れてしまうことを危惧し、封印された…とのことのようである。

幣立神宮とアマテラス
いま蘇る幣立神宮

即ち、幣立神宮は倭人の時代から鎮座され伊勢神宮を遥かに凌ぐ歴史がある。

古事記、日本書紀以前から存在している竹内文書や九鬼文書は今日、学術研究の対象から外されているが、どうやら大和朝廷以前の実相を封印する目的だったのではないかと推察される。
だが竹内文書は、幣立神宮で書かれたとの説があり、大和朝廷以前の実相を知る手がかりとして至って重要な文献であることは間違いない。

そして何よりも、幣立神宮が由緒ある宮であることの証明として主宰神が…

《幣立神宮の主宰》
神漏岐命 神漏美命(宇宙から御降臨の神・宇宙神)
大宇宙大和神(神代七世の初代)
天御中主大神(天神七代の初代)
天照大神(地神五代の初代)

ということにある。

神漏岐命・神漏美命といえば日本神道…全国の神社で奏上される「天津祝詞」の最初に謳われことでつとに有名である。

「…神漏岐命・神漏美命、両神は古事記で有名な天照大御神よりかなり以前の神様であるといわれているのです。
『神漏岐命・神漏美命』は、熊本県阿蘇郡の「幣立神宮」でお祀りされています。
実はここはパワースポットとしても有名な場所です。
名前の由来は「天神の大神が幣を投げられた時に、その幣がこの地に立ったため幣立という」そうです。
九州のヘソ・地球のヘソとも呼ばれ、神代時代においては今で言う伊勢神宮のような宮であり、高天原神話の発祥の神宮である、とされています。
これだけ聞いても、なんとなくすごさが伝わると思います。」
「…太古に、人類の和合・天地和合・万物和合を願い天界よりご光臨された天の神、『神漏岐命・神漏美命』。なぜ二神なのかといえばそれは、陰陽の和合・男女の和合を表しているのだと思います。…」

さて、「隠れ宮」幣立神宮の由緒がどれほどの存在であることはお分かりいただけたと思うが、幣立神宮こそが本稿のテ-マである日本が世界の盟主たる存在であることを示しているのが、当宮で5年に一度挙行される「五色人祭」にある。

人類は五つの人種から成り立っている。そして地球は五大陸から成り立っている。
太古の時代、世界の五人種は日本から発祥、世界に分散されていったというのである。

幣立神宮・五色人祭
幣立神宮が発する日本の『超』中心力


【「五色人祭」について】

幣立神宮には、「五色人の面」神宝として伝わっていて
「住古、世界の五色の民の代表が参拝に訪れていた」という社伝が残っています。
幣立神宮に残されている世界人類の祖神を形どった木製の彫像面
【五色人面 】である。

太古の神々(人類の大祖先)は大自然の生命と調和する聖地としてここに集い
天地・万物の和合なす生命の源として祈りの基を定められた。
この歴史を物語る伝承が「五色人祭」である。

この祭は、地球全人類の各々の祖神(大祖先)(赤、白、黄、黒、青(緑)人)がここに集い
御霊の和合をはかる儀式を行ったという伝承に基づく
魂の目覚めの聖なる儀式である。
つまり
赤色人種(ネィティブ・アメリカン)
青色人種(アジア南部)
白色人種 (ヨーロッパ人)
黒色人種
黄色人種の祖神(大祖先)が集まり
御霊の和合をはかるための儀式であり
伝承に基づく、魂の目覚めの聖なる儀式であるそうです。
これは、五大人種が互いに認め合い助け合う
和合の世界世界平和のユートピア建設の宇宙的宿願の啓示である。

幣立神宮の古代的真実、宇宙観的理想の実現こそ今日の全地球的願望である。
この願いを実現する古代的真実の復元がこれからの人類文明への厳粛なるメッセージである。
五色人祭は八月二十三日・五年毎に大祭その四年は小祭が行われる。

応神天応の時代に起きたとされる「高天原の乱」以来数千年の歳月を経て
1995年に再開され、5年に一度世界の各地から肌の色の異なる人々が参加され る【五色人祭】 は
この【五色神面 】を奉納する世界に類を見ない祭りである。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚
【「五色人」について】
五色人とは、赤人、黄人、青人、白人、黒人のこと。

◆赤人・・・ユダヤ人、アメリカインディアン
アラビアやエジプトの民
◆黄人・・・日本人、中国人、朝鮮人などの
アジアモンゴロイド系民族
◆青人・・・北欧人やスラブ人
◆白人・・・欧州のコーカソイド
◆黒人・・・インド、アフリカ、パプアニューギニア圏や
メラネシアの民
を総称しているという。

佐野経彦さんと言う方は「五色人」について同家の物部伝承をもとに、次のように指摘しています。

「木火土金水は、果たして知る十神よりはじまる。
五色の人種は五祖人にはじまる。
天神もろもろのみこともちて
諾冊ニ神に詔りして、国土をつくり固めしむ。
又諸の祖神をうむ。人の人たる道をもって
累世に相続し伝わる。
繩々として絶ゆるなし。子孫八十つづき」
五祖人と五色人について次のように示すのである。

木 オーストラリア人   勾々奴智神 青
火 アメリカ人      火具土神   赤
土 アジア人       埴安姫神   黄
金 アフリカ人      金山彦神   黒

水 ヨーロッパ人    水波女神  

※水波女神=瀬織津姫と言われる説があります。
※白=龍で照らし合わせると白=白龍・弁財天とも・・・

幣立神宮では
「天地和合、世界の五族・人類の和合」の祝詞を唱え柏手を打つ。

ご神体は豊国文字と阿比留文字が彫られた石板であり
「アソヒノオオカミ」と「日文」が表裏に刻まれている。
「アソヒノオオカミ」は「阿蘇火の大神」ではなく
「阿祖日の大神」である・・・という説もあります。
残された伝承や今は亡き春木秀映宮司が受けた御神示によると
肌の色の違う世界5大人種の大本は
黄人(アジア系)で、その後彼らの祖先が世界各地に広がり
その風土や気候などの影響を受けて赤人、青人(大洋民族)、白人(白人系)黒人(黒人系)へと派生したものだという。

実は、こうした幣立神宮に伝わる悠久の歴史を裏づけるかのような出来事が起きている。
それは、五色人祭に参加されたタスマニア大学の講師の傍ら世界的なヒーラーとしても活躍されていた
ジュディス・カーペンター女史やホピ族につながるホモーク族のラルフークレイグ・カーペンター女史の
不思議な体験 である。
ジュディス・カーペンター女史の体験談は次のようなものであったという。
私は10歳の時でした。色々なお面がたくさん出てくるビジョン(幻視的映像)を見たことがありました。
お面は赤・黒・黄・白・青と様々でした。
そしてそのビジョンによると、そのお面は世界各地から、あるところに集まってセレモニーをするだろう、というものだったのです。
そして、私は神の導きによって、そのある所すなわち【幣立神宮】と出会い今回、この「五色人祭」に参加することになったのです。
今の私のビジョンでは、これらのすべての人種がこの神社に集まるとき人類は初めて癒されることを感じています」
また、幣立神宮には、古代エジプト人やユダヤ人によって運ばれた
「水の玉」も奉納されていると、お聞きしている。
世界各地からスピリチュアルな多くの人が霊感 (インスピレーション)に導かれてこの地に来られることも多いと聞いているがそうしたことも、ここ幣立神宮が太古の昔人類和合の祭りの地で
あったことを示していると言えよう。

こうしたことを考えると、世界に散っていった人類の祈りの基が定められたのが日出ずる国・幣立の地であったのかもしれない。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚


人類史を辿っていくと、その探求は果てしなく続く。
そして…先般伊勢神宮参詣の旅の外宮から内宮に続く石灯篭には、有名な話であるがイスラエルの国旗、六芒星が刻まれていた。

天皇家とユダヤ…この根源にこそ今日の世界の様相を探る鍵が隠されていたのである。

日本建国の歴史は、中国4000年の歴史とは比較にならない。

前稿で触れた「国常立尊」は超太古の時代、地球の東北部、日本に幽閉された。
そして、今回の「幣立神宮」も期せずして歴史から封印された。
そして、世界の聖地、日本もまた世界の盟主として台頭することを封印されて今日に至っている。

歴史とは、今日日本のメディアに象徴されるように、事実は隠蔽とねつ造の中に歪曲され、人類は真実から離れたところで踊らされ遠回りしているように思えてならない。

神代の世界の文献や歴史を全て肯定することはできない。
だが、確かなことは、軍事力や経済力のせめぎ合いの果てにたどり着くところは、際限なく地球と人類の破滅に向かうことだけは確かである。

日本盟主論は、そこに国家の品格が否応なく求められ、軍事の拡大競争、過激な経済競争…物質至上主義、資本主義経済…はもはや西洋文明の限界に達しようとしていることを論点としてスタ-トした。

国家の品格…それは物質文明から精神文明への転換である。
おそらく、古代の幣立神宮に見た五色人の融合が、人類のたどり着くユ-トピアであろう。

そろそろ、古代の探索から歩を進めたいところである。
だが、もう一つだけ残されているテ-マがある。
ユダヤ十二支族である。
今日的歴史の根源についてさらに探求は続く。

この記事へのコメント

  • かかと

    ・幣立神宮の事を初めて知りました。
    ・またユダヤの12士族の内、10士族がBC550頃に忽然と歴史の 舞台から消えて不明とのことです。
    やがて明らかになる時が来るのでしょう。
    ・最近体調が戻りにくいのは私も感じます。人を落とす力が強まっているのでしょう。体調が崩れれば心も崩れ安い。そんな時は大自然の美しさの中に身を置くのもいいかなと
    ・「今こそ神の家から○○がはじまる」と
    ここが出発点なのかも知れない
    2016年04月20日 15:54
  • 平将門

    失礼を顧みず再度お邪魔をいたします

    大国主とヒミコのこと、地球上での日本の位置について
    出口王仁三郎が晩年に言い残したこと
    ///////////////////////////////////////
    歴史から抹殺されたヤマタイコクとヒミコは
    謎とされています。

    大国主とヒミコ
    大国主はアトランティスが沈むとき、母親の女王に言われ
    神のいます日本へ行くように言われました。
    途中ヒミコが、大国主が通るのを待ち受けていたので
    一緒に日本に来ました。
    日本の人々と一緒にヤマタイコクを築き、大国主は田や畑を作り
    ヒミコはこうぞから衣服を、そのこうぞから紙を作りました。
    文字もホツマ文字、"ミズホのツマ"の文字として皆に教えていました。
    そしてそれをわかりやすいカタカナの文字にしました。
    紙は貴重だったので節約するために、カタカナを組み合わせて
    漢字を作りました。明かりを灯すときに出る煤で墨も作りました。
    ヒミコは人間が暮らすための知恵を「チャネリング」で聞き
    人々に教えたため遠くの人たちが学びに来て各々の地に持ち帰りました。
    中国はそれらを自分たちが作ったと言っています.

    神武に滅ぼされ、大国主は出雲に8人の部下と共に追出され
    ヒミコは奴隷として連れていかれそうになったが、逃げ出し
    徳島の土柱の洞窟で自害しました。

    大国主はヒミコの髪と櫛でヒミコを偲び、
    ヒミコの髪は しめ縄に、櫛は鳥居として残りました。
    夫婦には二人の子供、娘イトと弟のタケルノミコトがいました。
    娘のイトハは綾部に行き弟のタケルノミコトは神武にさらわれました。
    イトは綾部でノアの息子ムウラと夫婦になり倭国を築きましたが
    またも神武に攻められイトは神武の子を産むことになります。
    それがニニギノミコトです。
    神武は恐ろしく長生きをして何度も名前を変えています。
    ***********************************
    出口王仁三郎
    http://www3.onisavulo.jp/modules/ond/index.php?content_id=32
    十二段返しの大本宣伝歌

    「いつのひか いか那る人のとくやらむ このあめつちの おほひなるなぞ」

    「帰りて茲に三千年
     思池の鬼とやらわれて
     神の稜威に照らされて
     元の姿となる神は
     きくも邪悪の守護神」

     「あやべにてんしをかくせり」
     「いまのてんしにせものなり」

    ----------------------------------------

    今大本にあらはれた  変性女子は似而非ものだ 誠の女子が現はれて  
    やがて尻尾が見えるだろ
     女子の身魂を立直し  根本改造せなくては 誠の道はいつまでも  
    開く由なしさればとて
     それに優りし候補者を  物色しても見当らぬ 時節を待つて居たならば  
    いづれ現はれ来るだろ
     みのか尾張の国の中  変性女子が分りたら モウ大本も駄目だらう  
    前途を見こして尻からげ
     一足お先に参りませう  皆さまあとから緩くりと 目がさめたなら出て来なよ  
    盲目千人のその中の
     一人の目明きが気を付ける  なぞと慢神してござる 王仁はこの言聴くにつけ  
    お気の毒にてたまらない
     こんな判らぬ奴ばかり  盲目ばかりがささやけり (アホウドリ)

    **************************
    日本の国

    日本は地球の頭です。
    綾部は「脳」になります。

    地球の資源(富)は一部の人に独占され、
    世界各地で異変がおきています。

    地球の記録さんより
    http://earthreview.net/many-earthquakes-and-explosions-of-the-ring-of-fire/

    IN Deepさんより
    http://indeep.jp/possibility-of-eruption-of-north-korea-paekut-and-yellowstone/

    ///////////////////////

    いろいろと書き連ねましたが
    現実の価値観と余りにも真逆のため
    受け入れられないことは重々承知の上です。
    こんな話があったと頭の隅にでも置いていただき
    何かの時に「あぁ、このことか」と思い出して
    下されば幸いに存じます。
    そして皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。
    大和心さま、ありがとうございました。
    2016年04月19日 23:58
  • らん

    大和心様

    突然のコメントに対しお返事誠に有り難うございます。
    実は…大和心様のお返事にてNewsU.S様の所は2chだと初めて知りました。広告に抵抗があるもの余命様がたまに拝読すると記載を見て私自身も時折拝読していました。
    大和心様投稿内容や皆様のコメントは学ぶことが多い中、調べて解読したりすることが多いです。セキュリティはしていますが、直感的辿る調べ方が多いので、ネットの世界に対して改めて無知と知った今…少しこちらも学びは必要と反省しました。
    恥ずかしいばかりです。

    先日過去3月11日に関連する出来事ネットにて調べていたら、昭和天皇誕生記念日1901年3月11日(旧暦)1910年3月11日(旧暦)46歳のお誕生日など随分と沢山の出来事と関わりがあるのですね。
    大和心様が過去、表が沈み裏が…という記事を思い出してまたドキッとした所です。
    度々幼稚な文章で大変失礼しました。


    2016年04月19日 16:13
  • まかろん

    二年前…こちらを読んだ事があるような気がします…

    私が「日本が地球の中心、日本人が世界を牽引する」と思ったのは3年半前位
    同じ事を考えてるブログが幾つか有ったような気がします
    私が一匹の猿を本当だと思ったのは、私はガラケーだけなので2chはマトメしか見れません
    そのマトメを読むと、私が考えて思った事と同じようなカキコミが必ず有った、それも私が思った時とほぼ同じく
    何度も続いて嫌でも気付かされました(そう、気付かされるんです、何かの力に)

    私は勘が良いとか、何で判るの?と言われる事が多いが(今の嫌韓流れ含め)特定の人とつるまず、いつも自分の心を見つめるように気をつけ、日本人ならこれをどうするか、を考えて生きてるからではないかと思います

    仕事上、結構世界的に有名な博士等がいらっしゃる会社にも勤めましたが、偉い方は決して偉ぶらない
    共通です(仕事は厳しい)
    大した力が無い奴は、その持つ力を最大限強く見せようとして墓穴掘ってる(ドコカの民族かな)
    私の前に塞がる様に歩いてくる奴とかぶつかる奴はやっぱりアレですし
    それしか出来ないと認めてる事が理解でき無い

    話がずれてきました(笑)
    blog主様の話も、何かの力に動かされ、それに気付くべき民が読んでいる
    古の日本人が戻りつつある力を感じます

    つまらない話、すいませんでした
    2016年04月19日 08:46
  • 大和心

    らん様

    >神武天皇は76年3月11日没(旧暦)という記載に「あれ?3月11日?」と思い東北大震災2011年3月11日(旧暦2月7日)熊本震災2016年4月16日(旧暦3月10日)しかし本震は翌日4月17日(旧暦3月11日)なのです。 幣立神宮は神武天皇のお話もあり… 何かあるのでしょうね…妙な繋がりを見つけてドキッとしました。

    熊本地震を契機に、2chでこうした情報が取り上げられたのは、驚きですね。
    そこまでは気が付きませんでしたが、旧暦と西暦の3.11が東日本大震災と熊本大地震勃発日で符号し、神武天皇の崩御だった…。

    私自身は史実や文献で証明されていないものは、オカルトティックなものとして区分していますが、これは厳然たる事実であるため、一概にオカルトとして片付けられないものを感じました。

    東日本時に、一部では人工地震説もありましたが、二度に亘って神武天皇の崩御日に合わせて仕掛けることは殆ど不可能と思われ、しかも震源地が洋上ではなく熊本・阿蘇の陸地であることから自然発生であることは間違いないと思われます。

    神武天皇は天照大神の子孫とされており、九州…阿蘇周辺一帯は天孫降臨の地とされ人類の根源の地とも考えられます。

    偶然、拙記事で幣立神宮に触れた直後に熊本地震が勃発した時は鳥肌でしたが、今回の不思議な符号は人知では計り知れない巨大な力を感じないわけにはいきません。

    目に見えない世界を一笑に附していた人も、神武崩御日と二度にわたる大震災勃発日が同じ3/11であることが事実である以上、謙虚に受け止めなければならないと思います。

    八百万の神々が、大転換期に備えて天孫降臨の地に結集しているのではないかというのも、あながち妄想では片付けられないとの思いが、率直な感想です。
    2016年04月19日 07:16
  • らん

    大和心様

    実は少し気になったことがあります。
    私自身全く分からないのですが、何か意味するのだろうか気になったのでお伝えします。
    気になったきっかけは、NewsU.S様の記事に神武天皇の記事がありました。
    神武天皇は76年3月11日没(旧暦)という記載に「あれ?3月11日?」と思い東北大震災2011年3月11日(旧暦2月7日)熊本震災2016年4月16日(旧暦3月10日)しかし本震は翌日4月17日(旧暦3月11日)なのです。
    幣立神宮は神武天皇のお話もあり…
    何かあるのでしょうね…妙な繋がりを見つけてドキッとしました。
    2016年04月19日 01:49
  • 波羅

    トカゲ人間=レプタリアンという言葉は、日本ユダヤ同祖論者など日本破壊洗脳工作員の常套句ですね。自称皇族の中丸薫などが多用してます。
    旧約聖書も儒教も、神道の上書きに過ぎません。しかもユダヤ人や中国人に都合良く上書きされた話であり、神道の本質である「公」の精神が欠如してます。

    古事記の神武天皇は狭野命(狭い野の王)と呼ばれるほど弱い勢力で、他国を攻め滅ぼす力などあるわけも無く、纒向の饒速日命が丹波倭国に対抗する手段として、天照の血統の神武天皇を迎えたのが神武東遷の本質です。

    高千穂まで神武天皇を迎えに行ったのは讃岐国琴平の珍彦(饒速日命の曾孫、後の倭宿禰命)であり、神武天皇最初の部下が伊予国久米郡(現在の松山市)の久米氏の分家の息子(大伴氏の祖)です。
    これは神武天皇が倭国の支配下にある筑紫や安芸、吉備を避けて、高千穂から伊予、讃岐を経て橿原に入ったことを示しています。
    つまり、丹波倭国は北朝で橿原日本国は南朝で、どちらも天照の血統である天皇家の国なのです。

    神武東征は、天武天皇と不比等が作った古事記オリジナルの話です。
    なぜなら天智天皇は倭国天皇であり、その第二皇子が不比等だからです。
    不比等=史は、倭国皇位継承放棄の証として臣籍降下し日本国の藤原氏となりました。
    これが念頭に無いと、聖武天皇と光明皇后の微妙な関係や、藤原仲麻呂や広嗣の乱の真意が全く理解出来ません。

    桓武天皇が藤原氏を重用した理由も、藤原氏と大伴氏が天敵だった理由も全く同じ。
    菅原道真は母親が大伴氏で、伴大納言が失脚した応天門の変以降、畿内伊予讃岐の大伴氏の有力者が一斉に道真を支持したのが、藤原氏を恐怖させたのです。
    2016年04月18日 23:30
  • 平将門

    平将門

    初めまして。
    あまりにも荒唐無稽ですので、
    ご立腹を覚悟の上、勇気を振り絞って投稿させていただきます。

    大和心さまと同じく私も艱難辛苦の連続で
    一時期、宗教に関わったことがあります。

    また「竹内文献」や「日月神示」も存じています。
    そして大変お世話になったかたから
    驚愕の話を聞かされました。

    人間は太古、神を殺した。
    正月の雑煮は内臓を煮たもの、門松は墓標、
    その他の節会に血や肉、骨、皮膚、筋を食べ、
    それを模したものを食べる行事を残した、
    蹴鞠は頭を蹴って遊び、調伏し
    節分に炒り豆を撒いて「この豆に花が咲くと出でよ」と封印した。

    この神は鬼門の「艮の金神」とされ恐れられています。

    その後、宗教とはきっぱりと縁を切り、以後「艮の金神」探求の旅を
    30数年続けてきました。

    ***************************************

    神武東征により滅ぼされたもの


    ◎邪馬台国(四国=死国)
    九州を平定し、東へ攻め進み吉備を滅ぼす。
    四国のヤマタイコクの存在を知り、吉備に留まり
    ヤマタイコクを攻め焼き尽くしました。
    四国には古い神社が多数あります。
    (九州説は後年、別の女性がヒミコの名を盗ったもの)

    八倉比賣神社
    http://bqspot.com/shikoku/tokushima/569


    -----------------------

    「祟りを恐れて遺体をバラバラにされる」
    (※どこかの国の民族と酷似)

    ◎名草戸畔(名草姫)
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%8D%89%E6%88%B8%E7%95%94
    殺された後、遺体はバラバラにされた。

    大坂側からは失敗したため南下の途中に攻めた

    -----------------------------------------
    ◎大江山の酒呑童子(艮の金神)

        ヤマタイコクが滅ぼされたとき
        大国主とヒミコ夫婦の娘がヒミコに言われて
        宇宙の大元の神様が降りた綾部に向かう
        (大本教とは違う)
        ちょうどユダヤの「ノア」とその息子が
        日本に神様を求めて綾部に辿り着き、
        ヒミコの娘と出会う。後、由良に倭国を作る。
        ノアの親子は大きいので牛と虎に例えられた。
        「竹内文献」を書き残したのは「ノア」の息子です。
        「旧約聖書」を元にして書かれた。

    大江山の元伊勢皇太神社内宮に祀られる
    元伊勢
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E4%BC%8A%E5%8B%A2
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E7%A4%BE_%28%E7%A6%8F%E7%9F%A5%E5%B1%B1%E5%B8%82%29

    大江山の毛原:惨殺され毛が飛び散った場所

    惨殺された後、ヤマト姫が各地を転々とし、
    大江山の日室が岳(現在、立ち入り禁止)へ胴体、
    名古屋の椿神社に右足
    岡山の元伊勢に左足、(最初は穴門山神社の洞窟に埋めた
         http://www.genbu.net/data/bicchuu/anatoyama2_title.htm  )

    伊勢神宮の荒祭宮近くの石段に「踏まぬ石」頭部
    http://heritager.com/?p=41801

    椿大社に性器


    遺体をバラバラにして封印

    皇族もこっそりと大江山を訪れています。

    ******************************

    大和政権により謀反ものにされ滅ぼされたもの


    ◎物部守屋 朝鮮から持ち込まれた仏教に反対

    ◎安倍氏(安倍総理の父祖)と東北の人

    ヤマトは北の人達を野蛮人 (エミシ) と思わせ、文化が発達して栄えていた事を認めなかった。
    しかし坂之上田村麻呂はその事を知り、貿易をしようと、アテルイたちを都に連れて行ったが、
    ヤマトは嫌がりだまし討ちにした。
    京都:清水寺に石碑があります。

    ------------------------------------------
    ◎「祟り神として封印」

    平将門公  神田明神
          関東の民の苦しい暮らしに比べ、都の贅沢に疑問を持ったため

    菅原道真公 天神
          四国に行き「ヤマタイコク」の存在を知ったため


    ******************************
    神武とは

    当時陸続きだった朝鮮より
    九州に移り住んだ夫婦の元に生まれた

    古事記に、人肉を好んだとあります。
    また天皇のことを「龍顔」を拝すると言います。
    豊玉毘売が八尋和邇の姿になったことなど
    爬虫類の姿で魔の化身レプタリアンです。


    ******************************

    歴史は勝者が作ったもので、敗者から真実を奪い、
    自分たちの都合のいいように、捏造したものである。
    この度の余命さまの戦後70年に亘る朝鮮の謀略以上に長い年月・3千年も
    日本人は朝鮮に支配され洗脳されてきました。
    それが天皇の真実です。(途中絶えたため選挙で仁徳が天皇になったが暗殺される)

    名前を盗む、すり替わる、嘘で塗り固める、捏造等々
    半島人の性根は今も変わりません。


    地球は朝鮮、中国を嫌ってます。
    魔の国だからです。

    日本と地球は長い間、封印されていたのを
    十数年かかって封印が解かれました。
    今、地球はその封印から目覚め、
    そのことを知らせるために北緯33度の付近で
    世界的に異変が起きています。

    今回の熊本も33度付近です。

    IN Deepさんより
    http://oka-jp.seesaa.net/article/288937677.html
    http://indeep.jp/33-tohoku-kyushu-and-steiner-said-vertex-is-japan/

    地球の記録さんより
    http://earthreview.net/crack-of-jurassic-coast-uk/


    大変長々と失礼いたしました。
    もしお許しいただけますなら
    大国主とヒミコのこと、地球上での日本の位置について
    出口王仁三郎が晩年に言い残したこと
    お伝えできればと願っています。
    3.11の東北の震災の後、「時間を進めます」と知らされています。
    2016年04月18日 19:26
  • 波羅

    余命読者の皆様なら、日本近海に張り巡らされた地震予知の為の網の目が、国防上最も重要なシステムであることはご存知だと思います。つまり気象庁はもう1つの防衛省なのです。
    気象庁はプレートテクトニクス理論を、国防上アメリカを利用するために敢えて否定はしていません。

    そんな中、本日のNHK国会中継TPP特別予算委員会の中で、気象庁長官が民進党議員の質問をすっとぼけた解答で煙にまくやり取りがありました。
    民進党議員は熊本地震の今後の予測を国民に分かりやすく説明しろと難癖をつけてましたが、気象庁長官は国防上言えないこともあります。詳細な説明は敵を利するだけです。
    つまり、これは中国共産党の走狗である民進党議員が、国防の要である気象庁長官に対して安保法制の中身を国民(という名の中国共産党)にNHKを通じて分かりやすく説明しろと言っているわけです。

    中国共産党は熊本地震が九州の火山や日本近海の噴火とどのように関わっているのか知りたくてしょうがない。しかし何も蓄積した知識が無い。
    一方日本にはデータがある。
    話してる内容は熊本なのに、その中身は対馬や尖閣や沖縄、あるいは南沙諸島や済州島を念頭に置いたやり取りになっています。
    2016年04月18日 17:07
  • 大和心

    神無月様

    このシリ-ズはしばらく中断していますが、10編以上となって継続中です。
    最初にお知らせしたように、今回は①-④で一旦打ち切ります。
    この度の熊本地震の勃発や戦後の隠蔽、捏造されてきた事実が表出する現在の状況に想いを巡らしていた時、日本人が世界を牽引していく使命を帯びていることへの気付きにと思ったのが今回出稿の動機となりました。
    2016年04月18日 14:27
  • 神無月

    大和心様。

    いろいろと日本国の深さの勉強になり感謝いたします。
    漢字の正しい読みが解らないところが無学者の悲しいところです・
    (^_^;

    ところで、次回はユダヤに関わることのようですが、現代のユダヤ人は偽物と読んだ記憶があり、それを広められることを嫌がっているとか?

    現ユダヤ人はグローバル巨大資本の大元で、不都合な排除は手段を選びませんから、少し心配に感じました。
    .
    2016年04月18日 13:27
  • 波羅

    ブログ主様はご存知とは思いますが、プレートテクトニクス理論による大陸移動説というのがありますが、あれは真っ赤な嘘です。
    実は、数多くの日本人の地震学の先生方が指摘されておられるのですが、そういう方はマスコミには呼ばれません。
    地球の陸と海は突然隆起したり沈降したりするのです。
    ではなぜプレートテクトニクス理論は広まったか?
    アメリカの情報戦です。
    この嘘を見抜いているのは、地震大国日本だけです。
    2016年04月18日 12:38
  • 芋瀬童子

    ここに書いておいでの事は私にとってはまた新しい知見であります。固まった畑に鍬が入るようで非常に興味があります。12支族は”イスラエル”12支族で、”ユダヤ”の名の起こりはその12の内の”ユダ族”に始まります。ベニスの商人や所謂ホロコーストのユダヤ人はその血統ではないようです。
    2016年04月18日 09:14
  • にゅう

    大和心さま。ありがとうございました。頭が醒めてから改めて読み返しましたら、波羅さまが教えてくださっていました。そそっかしいのがたまにきずで・・・。失礼しました。
    2016年04月18日 07:17
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436799088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック