39.日本盟主論⑬ 縄文人のDNAを継承する「言霊」が世界を牽引する。

サミット各国首脳の賢島入り、余命Xdayと緊張感に包まれた一日であった。

かつてロンドンサミットの際、会場のスコットランドから遠く離れたロンドンでテロが発生した。
この教訓を踏まえ、東京でも東京マラソンの倍にあたる19000名を動員して厳戒態勢に入った。
ともあれ最善の防備体制によって、無事閉会まで漕ぎ着けることを祈るのみである。

「日本盟主論」初出稿からちょうど2年が経過した。

「世界の盟主」が強大な軍事力と経済力を背景にした大国覇権国家という常識からすれば、当時「日本盟主論」はまだまだマイノリティであった。
だが、あれから僅か2年後の現在、「日本盟主論」は現実味を帯びる段階に入ってきた。

それは現在、強大な軍事、経済大国による、力で国際秩序を維持することが限界に達したということの証である。その崩壊は、物質的価値観至上主義…モノとカネによる崩壊から始まっている。

舛添問題は、血税で私腹を肥やす道徳観の欠如が日本中から糾弾され、もはや死に体となっている現状を目の当たりにしているばかりではなく、パナマ文書の公開により、世界中の富は一握の資産家や企業によって独占されているという事実が国際社会に知らしめられてしまった。

産業革命以降、世界中を席巻してきた物質的価値観の行きづまりは、新たな価値観への転換なくして人類の未来は立ち行かなくなる処まで行き詰まっている。
精神性主導の価値観への転換…そこに日本が盟主として世界を主導する時代の到来が必然となる所以がある。

歴史のタイミングは実に精巧である。
伊勢志摩サミットを明日に控え、本日午後、安倍総理は厳戒体制の中、伊勢神宮を参拝した。
新しい国際社会の岩戸開きに当たって、八百万の神々に何を語りかけたのであろうか。

あの東日本大震災の時、伊勢神宮周辺の伊勢湾沿岸の海面は静寂さに包まれ、津波の影響は一切及ばなかったと聞く。
伊勢志摩サミットは、八百万の神々のご加護によって新たな国際社会転換への狼煙となるであろう。

物質的価値観から精神性価値観への転換…それは力で覇権を手にする国際秩序の維持が限界を迎えたとことの象徴である。
そのための古代史探求であり、日本建国に遡る探求が必要だったのである。

前稿の日本盟主論⑫では、最新の考古学によって「縄文時代、一万年以上もの超長期間にわたり、戦闘の形跡がなかった」という驚くべき事実が解明されたことをご紹介した。

その謎を解く鍵の一つに、縄文時代に醸成され、日本語のル-ツとされる「言霊」について触れておかなければならない。
21世紀以降の国際社会が、日本のイニシアティプによって牽引される必然…「日本盟主論」の核心でもある。

言霊学というジャンルの中で、日本語が世界でも稀有な言葉であることが理論的にも解明されているが、「言葉に霊(たましい)が宿る」という特異性は他に例を見ない。
わかり易い解説を以下に引用する。


育生会横浜病院長堀優院長『日本の目覚めは世界の夜明け」より転記。

゛縄文の心 言霊゛

 「…作家の山波言太郎氏は、著書『愛の言霊』の中で、東京医科歯科大学名誉教授、角田忠信先生の『日本人の脳』を引用しつつ…

『…幼少時日本語で育った人は(人種が違っても)蝉の声を懐かしいもの、意味あるものに聞く。
日本語以外で育った人は(日本人でも)蝉の声を機械音、騒がしい意味のない音と聞く。

これは純母音系の日本語で育つと、母音を左脳(言語系)で聞くが、日本語以外で育つと子音を言語系(左脳)で聞き、母音は右脳(音楽や物理音と聞く脳)で聞くからと。ちなみに自然界の音は母音であるとのこと。

それだから日本人は、自然界(母音に充ちている)は言葉と同じく、有情のもの、意味あるもの、生き物として感じるが、外国人は反対に物理音として、意味の薄い物質的なものとして感じるとのこと。
それだから、いかに言葉が大切か、特に母国語が大切か…』

われわれ日本人は、母音と子音を同じ脳半球で処理しているので、分けて聞くことが難しいということが言えるのかも知れません。
しかも、外国人は虫の声を、騒音と同じ脳半球で聞くのに対し、日本人は言語脳で聞く、だからこそそこに意味を感じることができるのだ、というのです。

山波氏は、さらに言います。

『…すべての音が母音を伴う純母音系の日本語は、自然音と同じ癒しの波動を内蔵するものと言えます。一音一音が癒しです。
それだから日本語を正しく発音すれば、言霊(人の魂を癒すエネルギ-を発するもの)となり得ます…』

(略)詩人で朗読家の堤江実氏は、このエネルギ-に溢れた日本語のル-ツを縄文時代に見出しています。

……近年の研究により、縄文という時代が、豊かな風土と食に恵まれ、世界にも類を見ないほどの高度な文明を築き、一万年以上にわたって集団で人を殺し合うことのなかった平和な時代だったことがわかってきました。
堤氏は著書「日本語の美しい音の使い方」で、次のように指摘しています。

『…豊かで平和の風土から生まれた幸せな言葉。それが日本の言葉です。
自然に寄り添い、その循環、再生の息使いに暮らしを合わせながら、豊かな恵みに感謝して、平和に仲良く幸せに暮らしていた時代。
長期間平和な社会を営むことが決して不可能ではないのだという証が、私たちの縄文時代です。

まるで奇跡の様な時代。この人類史上他に例を見ないほどの素晴らしい時代にル-ツを持つ言葉の響きが、やさしく穏やかで美しいのも当然のこと。これこそが縄文から伝わる魂の遺伝子なのではないかと思われます…(略)』」

言霊は、脳科学においても理論として立証されているが既に理論を超えている。
日本語は、まるで生き物のように、発するだけで物質化現象をもたらす…。

以下は鈴木俊一氏著「御霊の法則」より。

「日本語を発するだけで『言霊波動』が発生し、゛共鳴、反射、吸収、拡散、干渉という物理的な性質に従い、それが向けられた対象に神性玄律(リズム)を与え、そのエネルギ-は、物質化現象をもたらす゛…」

的確かどうかはともかく、これを私なりに平易に表現すると、外国語は機械的な伝達機能であるのに対して、日本語は心(意志、想念)を伴ったエネルギ-が、まるで生き物のように物質化現象を起こし、具現化するという゛魔力゛を持っているということである。

縄文時代、一万年以上にわたり戦闘の痕跡がなかった、という奇跡的な事実は、大自然の声を聴き、大自然に寄り添い、大自然と共に生きていくことに感謝する心が言葉に宿り、その波動が大自然の波動に共鳴し続けてきたからではないのだろうかと推測される。

日本人には、自然に神が宿ると信じてきたアイデンテティがDNAとなって今も継承されている。
今日、物質的価値観至上主義が蔓延した現代社会においては、自然と対峙し、行き過ぎた自然破壊が横行し、モノ、カネの奪い合い、略奪抗争によって限界を迎えているが、これは日本人のDNAが相入れるものではない。

この行き詰まりを打開できるのは、縄文人のDNA継承する日本人を置いて他にないということである。

科学が見落としてきた最大の欠陥とは、全てを計数化して実証するということにあるのではないだろうか。カネやモノの価値は計数化できるが、喜びは何g? 感動は何cm?  充実は何cc…物質世界でない目に見えない心の領域を計数化することを怠ってきたツケが今日回ってきているように思えてならない。

鈴木俊介氏の著書にはこう書かれている。
「正しい想念(言霊)は、正しい現象を作り上げるが、邪(よこしま)考え(邪心)は邪な現象を作り上げるという。」

今日隠蔽されてきた半島人による戦後の日本人に向けられた略奪の史実が暴かれ、広島、長崎に投下された原爆の正当性に否定的な米国世論の高まり…戦後史は2016年に照準を合わせたかのように転換の兆しが顕著である。
邪な考えは邪な現象となって、日本人はその試練を与えられてきたが、邪な考えがそう長続きするものではないだろう。
新しい時代を切り開くときには、必ず破壊を伴うことを歴史が証明している。

日本は有史以来の大転換を図る使命を与えられ、その出番が巡ってきたようである。

最後に余命Xdayに因んで、かかと様のコメントをご紹介して本稿を締めくくる。


かかと

余命(2015三代目) 
「後を頼む みなに会えて良かった 助けられたのは私のほうだ」
とのことです。


この記事へのコメント

  • 神無月

    大和心様。

    伊勢神宮について、各国首脳は「素晴らしい教訓と経験を与えてくれた」「聖なる場所に行くことができて感動した」「日本文化を学べた」「伝統の継続性と悠久の歴史を感じた」「感動を伴うものだった」「精神的によい経験をさせてもらった」など、悠久の歴史と霊力によって、皆様が琴線に触れたようです。

    会議の前に、神宮参拝とは安倍総理も憎いことをいたします。
    各国首脳の心に変化が起こると良いですね。

    今回は、アメリカが日本にかなり気をつかっていると感じます。
    日本に対するアメリカ世論の変化も伝えられてきます。
    トランプ氏のとんでも発言は相変わらずのようですが、以外と安倍総理とウマが合いそうな気がします。ヒーローと煽てれば、親分肌で要求も受けてくれそうです。

    最大の問題は中国ですが、経済、金融、軍拡、覇権のすべてが世界秩序を破壊します。大和民にとって最悪の民です。
    そのあたりの押さえもサミットで決まるようですが、効き目はどうでしょうか?

    欧米型の富を独占する経済から、富を分け合う経済への転換が必要で、ノウハウは大和民が持っています。分け合うことで民は潤い経済が発展し、発展することで民は更に潤います。

    日本の多額の支援策も、そのきっかけと思えば八百万の神々も見守ってくださることでしょう。

    2016年05月27日 12:40
  • ハゲおやじ

    特命希望様へ

    ご丁寧なレスをありがとうございます。

    無料版でも有料版を凌駕するくらいのウイルス検知力を持ったソフトがありますが、ファイアーウォールやフィッシングサイトのブロック等、総合的に守ってくれるわけではありません。ウイルス対策のみです。

    また無料のセキュリティ対策ソフトの中には良からぬ物も存在します。某支那製ソフトとか…。

    どんなに優れたセキュリティ対策ソフトを使っていたとしても、最低週一回は完全スキャンを励行したいところです。
    2016年05月27日 12:26
  • にゅう

    連投で失礼いたします。訂正します。 

    誤→安倍総理の命を懸けた
    正→安倍総理の国運を懸けた

    失礼いたしました。
    2016年05月27日 11:05
  • にゅう

    大和心さま。昨日は配慮に欠けたコメントを送りまして大変失礼いたしました。そして、取り下げていただいた事に感謝申し上げます。

    安倍総理が「矢を放つ」と言う言葉(言霊、言挙げ)にこだわり続けた理由は・・・ハタレに対して矢を放つ場合、人が放った矢では全く効かず、神が放った矢でないと突き刺さることができません。(ホツマツタヱ)
    伊勢志摩サミットという公の場で「矢を放つ」と言挙げすることにより、更に言霊に神力が増します。
    安倍総理の命を懸けた強い決意が感じられます。
     
    まかろんさま。 ありがとうございます。

    大変失礼いたしました。
    ありがとうございます。
    2016年05月27日 10:53
  • 特命希望

    おはようございます。
    前回の投稿で、又もや誤字、文法の誤り等があったので、ここに訂正しお詫び申し上げたいと思います。

    誤→安瀬総理
    正→安倍総理

    誤→メッセージでありましょう
    正→メッセージを発したものでありましょう

    誤→凶事(まがごと)が拡散され
    正→凶事(まがごと)を拡散し

    毎回確認不足で、主様そして読者の皆様には大変申し訳ありません。
    2016年05月27日 06:25
  • ブログ主様、コメント欄の皆様
    本年5月25日をもって新たな時代が始まったと感じます。
    岩戸は開かれました。
    安倍総理とオバマ大統領の異例の会見を見たときに私は確信しました。マスコミはもはや言葉数のみ多くして何も伝えてはいません。

    もはや時代は後戻りすることはありません。間も無く我々は戦後体制のみならず近代世界の行き着く果てとその先を目の当たりにするのでしょう。
    いよいよ我々の本来の力を発揮し生来の役割を果たすときが来ました。日本が本当に世界を回すのはこれからですぞ!
    2016年05月27日 00:40
  • 特命希望

    連投、失礼致します。
    主様の、記事へのコメントとしてはふさわしくないかもしれませんが・・・
    いきなり現代の時事ニュースですが、自分が感銘を受けたものを紹介させていただきたく思います。

    「安倍晋三首相は25日夜、オバマ米大統領と共同記者会見に臨んだ。沖縄県内で起きた米軍属による女性死体遺棄事件についてオバマ氏は被害女性に対する遺憾の意を表したが、謝罪はしなかった。
    『再発防止にできることは全てやる』と述べたが、具体的な対策は示さなかった。
    日米地位協定改定について『日本の司法制度の下で正義の追及を阻むものではない』と述べ、改定の意思がないことを示した。
    安倍首相は『地位協定は一つ一つの問題を改善し、結果を積み上げる』と述べ、大統領に地位協定改定は求めなかった。
    翁長雄志知事が求めたオバマ氏との面談にも触れなかった。会談では安倍首相が事件について『断固抗議』し、米国に実効的な再発防止を求めた。
    オバマ氏は『お悔やみと遺憾の意を表する』とし、『米軍関係者が行った非常に暴力的な犯罪に愕然としている。ショックを受けている。言い訳ができない』と述べた。
    容疑者に対しては『日本の捜査に全面的に協力している。日本の司法制度の下で裁かれるべきだ』とした。
    日米地位協定については現協定下で適切な法的責任の追及がなされるとし、改定の必要性がないことを強調した。
    在沖米軍基地の撤去や整理縮小などへの言及もなかった。
    県内で米軍基地に対する反発が高まっていることについて安倍首相は『失われた信頼の回復は困難だが、日米が協力して沖縄の基地負担軽減に全力を尽くすことで一致した』と述べた。
    首脳会談は26日に開幕する主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて、当初は26日午前の開催が見込まれていたが、県内での反基地感情のうねりが高まっている現状を踏まえ、首脳レベルで迅速に対応する必要があるとして、オバマ氏の来日直後に設定された。

    引用ここまで
    まさに、安倍総理こそ言霊の威力を心得、言挙げの重要性を理解していると思う記事です。

    まず、日本を代表する総理大臣として、「日本人女性が米国人の蛮行の犠牲になった」事件に、正義が貫徹されるべきだと米国代表のオバマ大統領に強く抗議し(事前の打合せはあったかもしれませんが)、大統領も遺憾の意と再発防止策を言挙げした。
    実は、私がこの第一報に接したのが今朝のテレ朝のニュース。そして、ネット上でたどり着いたのが琉球新報といういずれも反日の巣窟の報道機関。皮肉な話でござい。。。
    通常の外交儀礼を無視したかのような、真夜中というオバマ大統領日本到着直後のタイミングでの安倍総理の抗議(言挙げ)
    それに対して、大統領という立場の制約がある中での、最大限の表現で遺憾の意という実質的な謝罪を得ないという反応。
    一人の日本人女性が殺された事件で、しかも軍人ではなく基地出入りの業者の一従業員が犯人。
    ここで、安瀬総理は国政を預かる最高責任者として、日本人がアメリカ人によって殺された事件は許し難い事だと国民一人一人を思いやる姿勢を見せる一方、事件を米軍基地のせいにして問題のすり替えを図り、米軍を日本から追い出したい売国奴+特亜連合にこれ以上口を挟むなというメッセージでありましょう(連中がそれに気づくか、気づいても無視するかわかりませんが)。
    大統領訪日直前に、沖縄の活動家が暴力を振った容疑で逮捕されていることもメッセージの一つかと思います。
    長文になってしまいましたが、要は、安倍総理こそ言霊と言挙げの重要性を認識している第一人者なのではないかと。
    お蔭様で、今回の一日本人の不幸(勿論、軽視はしていませんが)が国全体に凶事(まがごと)が拡散され、日本の安全保障が脅かされるという事態が防がれたと思います。

    以上、長文・駄文失礼しました。

    2016年05月26日 21:58
  • 波羅

    続けて失礼します。

    安倍総理は愛国革新である。この事実がネットの保守論壇の方々は気に食わないようです。
    安倍総理がいつから保守面などしたのか?何を勘違いしているのか?
    一国民として言いたいのは、日本と日本人が活気づき良くなりゃどうでもいいじゃないか、ということ。
    反日売国勢力を殲滅するために安倍総理は保守勢力と同盟してる。それ以上でもそれ以下でも無い。
    最近、保守という言葉の濫用が目立つ。
    保守論の為の保守なら、それは反日売国以上に国の害である。
    国は生き物であり、保守にこだわれば国は停滞を引き起こし滅ぶ。
    縄文時代のどこが保守なんだ?世界中の人間が平和に交流してんのに。
    2016年05月26日 21:41
  • 波羅

    井沢元彦氏の「逆説の日本史」は言霊問題提起から始まってます。
    井沢氏のおかげで私も含め多くの読者が言霊の存在に気付き向き合うことになりますが、私は次第に井沢氏の主張に疑問を感じるようになりました。
    最大の理由は、「逆説の」と言いながら古代史解釈が典型的な戦後型日本史だったからです。
    邪馬台国があった場所は、当時の伊勢神宮があった場所以外にあり得ないのに、そこが何処か言えない。
    邪馬台国を畿内か九州かで悩んでる時点で読むのを辞めました。

    昔は面白くも感じたのですが、今やほとんどの読者が井沢氏を追い抜いて置き去りにして、作者が一番周回遅れなんですよね。皮肉なものです。
    2016年05月26日 20:18
  • catmousetail

    今般の伊勢志摩サミットでのG7首脳による伊勢神宮参拝。
    思わず、天の岩戸開きと弊立神宮の五色人祭を想起してしまいました。何かあると思います。
    2016年05月26日 19:21
  • 特命希望

    ハゲおやじ様へ
    >「なるべく有料の総合的に守ってくれるセキュリティ対策ソフトの導入、使っているソフトに修正プログラム(アップデータ)が出されたらすみやかにインストールする等励行したいところです。」

    セキュリティーに関する的確なアドバイスを、ありがとうございます。
    確かに、導入費用や更新料が無料なソフトは一見魅力的ですが、仰せのとおりそういう類のものは、機能が不十分であったりセキュリティーソフトの肝ともいえる頻繁なマルウエアチェックやアップデートが疎かになりがちですね。
    有料のものはなぜ有料なのかと言えば、開発費用もさることながら世界各地にデータセンターを設け24時間体制でネットを監視し続けるためにかなりの費用がかかるからです。
    よって、その分信頼性が高くなっております。

    以上、横から失礼致しました。
    2016年05月26日 19:00
  • ハゲおやじ

    伊勢志摩サミットが始まりました。
    規模の大きさにかかわらず、テロが起こらないことを祈っております。

    と、同時にサイバー空間でのテロも起こらないことを願っております。

    大和心様、こちらにお集まりの皆様、
    ご自分がお使いなるパソコンやスマホ等のセキュリティ対策をお忘れなきよう御願い申し上げます。

    なるべく有料の総合的に守ってくれるセキュリティ対策ソフトの導入、使っているソフトに修正プログラム(アップデータ)が出されたらすみやかにインストールする等励行したいところです。

    差し出がましい書き込みで失礼いたしました。
    2016年05月26日 12:06
  • 芋瀬童子

    あなたの住んで居る世界はあなたの【想念】が【現象化】した映像である。あなたが誰かに『ありがとう』と感謝の詞を述べたらそれは謝意の伝達であると同時にその【言霊】は全宇宙に呪文として拡散し、あなた自身に【まがごとを祓い物事を正す波動】となって還って来て現象化する。だから幸せになりたかったら出来るだけ多く『ありがとう』を言い給え、言う機会を探し給え、と若い人には言っている。かれこれ15年ばかり昔、最早神に縋るしかないと思うような状況に陥ったことがある。その時、特に仕事などの用事が無い時に四六時中『ありがとうございます』と言っていた。問題は薄紙を剥がすように消えて行った。あなたがたは天に財(たから)を積みなさい、とイエスさんは言ったが、そういう意味でもある。伊勢志摩サミットに際して意の有る国民が日本国の産土の神に、長年の加護を謝し、その神の弥栄を祈ることは人智の所業よりも大きい。
    2016年05月26日 09:09
  • まかろん

    忘れてしまいました(笑)
    余命反撃始まりましたね
    皆さん、ワクテカだろうなー私もです(笑)
    ただ、予定に無いと思ってたので、靖国献灯は小二つの半額、みたままつりで昇殿参拝三千円、余命三千円…何とか予算内(汗)

    いい歳して恥ずかしいですが、今の職場は週4日勤務、ボーナス無しの最低賃金なので苦しい…自業自得ですがね
    来年は霞ヶ関で事務で働けたらなあ(コーメイ連立解消で省庁マトモになればなあ)と簡単に考えてますが

    私の親は躾は厳しくて、箸の持ち方から、正座、膝まずいて襖開け閉めや畳の縁は踏むなだの、郵便や新聞配達やらには「お疲れさまではなく、ご苦労様と労う、お疲れさまでは失礼にあたる」とか煩く言われて育ちました(子孫に遺せなくてゴメンナサイ(泣))
    学校卒業して働いたのはスーパーだったから、客を見たら「いらっしゃいませ、ありがとうございます」
    東京にきて暫くした頃、コンビニやスーパーでも「いらっしゃいませ」が言われなくなって、顔では分からなくて「○○円デス」と片言っぽい喋りで「あ、外国人なんだ」と衝撃
    あれがシナコリアンの始まりだったのかなと思います
    今までは地下組織?で日本人血税で食べてたのが、数増やすのと日本人に目の当たりにさせて支配する為に公に出し始めた時だったのだなと…私の記憶にあるのはもう二十年近く前ですが

    また長くなる…(笑)
    本当にすいません(汗)
    何度も失礼致しました
    2016年05月26日 08:42
  • まかろん

    久しぶりに懐かしいお言葉のご紹介
    ありがとうございます
    何年か前にネットで見た本と言葉ですが…大和心様だったのでしょうか?

    蝉の声(日本人は虫の音とも言いますが、虫や草花にも声を使う事がありますね)で思い出しました

    読んだ時に、ああ、そうそうと納得

    鈴虫やコオロギも海外では五月蝿い虫と認定されてるようです
    だから蟻とキリギリスのキリギリスは遊び惚けてるイメージだからあの話が…とか何とか
    蟻は鳴かないので良いイメージ?日本人を蟻に例えて分かるように、働きモノに見える蟻も別に良くは無い(日本人が勝手にそう認識しただけ)
    虫は虫、と割り切り
    動物は人間に食べられる為に神が作ったなんて考える●チガイ思想だから、そもそも解りあえるはずがない…

    蟻で思い出し

    余命周りの方々が皆、民主党に入れたのは衝撃(笑)
    でも日本を良くしようと、あの時みんな思った証拠
    あのままではダメだと、皆感じてたんです

    自民党だったけど、安倍首相一年、後はグダグダ…あれがある意味、日本の危篤状態だったのかもと思います

    あのままでいても、ユルユル死を迎えるだけだった日本

    一度悪いトコは大手術
    大出血、大患部取り除き…骨と皮になっても、日本人なら…
    日本の神様は日本人を信じたのでしょう

    だから私も八百万神様を信じます
    日本人なら、やれる

    いや、日本人しか出来ない

    世界初かも?
    どこも、誰にも頼らず(金くれは何処でもあるが)自らの力で、国を崩壊させずに、立ち直る国は…

    日本は世界の手本
    日本が地球上の生命体を引っ張り、守るために存在している

    また長くなってしまった(笑)
    読み捨てお願いします
    にゅう様は私と感覚が似てらっしゃるのか(ゴメンナサイ)思う気持ちを書いて頂けて助かります

    失礼致しました
    2016年05月26日 08:15
  • みょうがもん
    大和心様、初めて投稿させて頂きます。日本盟主論ブログを拝読した頃は、民主党へ政権交代してまもない時期であった気がしていますが、誤っていましたらご勘弁下さいませ。当時、ねずさんの独り言、博士の独り言、さくらの花びらさん等の数々ブログを拝読しながら、真実を追究発信しているブログを探していました。初代余命ブログにも出合い拝読していました。
     私事で、全てのブログ拝読から約半年間と遠ざかっておりました。日本盟主論ブログを捜しましたが見つからず。また、博士の独り言ブログは途切れることが多くなり、博士ご本人記述ではない記事が時折出だしてその後、今日まで中断中。やがて余命さんブログの中にて、大和心への回帰ブログ紹介をみて再会させて戴きました。
    是非とも、投稿させて頂きたかったのは、幤立神宮の事を初めて知ったのは、日本盟主論の記事だったと思います。
    その記述拝読の折の感想の記憶は、カムロキ、カムロミの命と申す。木製の五色面。日本各地の五色人伝説。日本各地の高天原の地名。古代の火山噴火跡。太陽暦のか
    2016年05月26日 07:13
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438274843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック