52.印象操作の読み方についての考察。原点を見失わないために。

反政府・倒閣運動や安倍叩きについて、最近は反日新聞メディアが週刊誌・雑誌にお株を奪われている感がある。

文春スク—プによって甘利前大臣、舛添都知事は失脚に追い込まれたが、参院選が近づくに連れ、スキャンダル・プロパガンダ合戦は一段と巧妙かつ激化の様相を呈している。

今回取り上げるのはL●TE●Aであるが、麻生政権時代に麻生氏が出入りしたレストランに張り込み、支払額を事細かにチェックしメディア総ぐるみで揚げ足取りに躍起となり、民主党政権の誕生に加担したこと。故中川昭一氏を意図的に酩酊騒動を仕掛けて失脚に至らせたこと…等々の状況を彷彿させる。

電通のからくりを暴く記事で混乱を誘う。その反面で安倍叩きを巧妙に仕掛けているのは末尾の最新記事一覧をみれば一目瞭然である。これをどう読むかということが肝心である。

どうやら、舛添の政治資金公私混同問題を盾にとって、その矛先を安倍総理や石原慎太郎氏等に向けるとともに、都知事選候補者選びについても官邸が蓮舫阻止に向けてスキャンダル探しを仕掛けていると報じ、その一方で与党の櫻井俊氏擁立を阻止しようとする誘導戦略が見えてくる。
どうしても蓮舫都知事を誕生させたいようであるが、その蓮舫は、期待した甲斐もなく本日都知事選出馬を断念したが…。

百田直樹氏の出馬についても、田母神氏支援を引き合いにバッシングしている。どうやら与党推薦候補としての出馬に警戒している様である。

今回問われるのは、読者のメディアリテラシ—である。
この手の記事を目にしたとき、必ず流されるものと疑心暗鬼に陥るものが出て、原点を忘れて飲み込まれてしまう。

だが、理論展開を冷静に見ればいくつかの矛盾点が感じられる。

先ず官邸が蓮舫の都知事就任を阻止するために、揚げ足取りをしているような印象に誘導する手法である。
選挙は戦である。民進+共産・反日側が単独候補を一本化して戦うならば、与党側も単独候補者を擁立する流れになるのは当たり前のことである。相手候補の都知事就任を阻止するのが選挙戦である。
お互い様ではないのか。
ならば、与党推薦の可能性がある櫻井俊氏だけに出馬阻止を印象付ける論調は公平ではない。

蓮舫を支持するならば、なぜ蓮舫が都知事にふさわしいのか、なぜ与党候補ではまずいのか。という根拠を明確に主張することには触れず、単に与党候補の粗を晒すだけでは単なる感情論である。

続いて舛添問題の矛先の向け方である。「舛添よりヒドイ」「舛添を責める資格はない」という理論誘導の仕方である。
政治資金規正法がザルであることは今回の舛添問題で一般国民に知ら示めさせる事となったが、額の大小だけを取り上げて舛添と比較するだけではあまりにも論理性に乏しすぎる。
額の大少だけを問題視するならば、多い政治家は悪で、少ない政治家は評価されるということなのか。
総理と一般議員の経費支出が同じであるはずもないし、額で比較するのは的外れである。
世論の舛添バッシングに便乗して倒閣に誘導しているように思えてならない。

本質を意図的にずらしているのではないか。
国民が舛添を非難した理由は、政治家資質の前に人間性が問われたのであり、反日政策を推進したことにある。
国家国民のため、国益のために尽力する政治姿勢があれば、国民はその為に必要な支出は納得するのである。ザル法は改正すべきだと主張すればればよいのである。
舛添擁護と言われても仕方がない論調である。擁護でないならば、舛添の悪印象に便乗した世論誘導なのか。
なぜ舛添の行ってきた反日政策に触れないのか。触れたくないのか。その点に触れないのは単に倒閣に加担しているだけと言われても仕方がないのではないだろうか。フェアではない。

読者のメディアリテラシ—が問われているというのは、こうした論調に対する判別である。
究極のところ、国益派か反日派かという問いかけであり、倒閣を望むのか、現政権に託すのかという自分自身に対する問いかけである。

もしもこの種の記事によって疑心暗鬼に陥るならば、その原点を自らに問いかけることである。

念のため敢えて記事を登載するが、日本再生を目指す国民にとってはリテラシ—の位置を自らに問いかけるうえで、教材となればとの思いからである。


総選挙の裏でAKB運営が行うメディア掌握の手口

·        AKBから「名誉毀損」の恫喝メール

·        AKB運営闇の10年史

·        AKB運営前社長も野球賭博常連!

·        2015年AKB衰退の軌跡を振り返る

·        文春がAKBスキャンダル中止

·        こじはるがAKBの病みを暴露!

·        総選挙1位の指原莉乃に元カレが…

·        AKB電通のシークレット飲み会

·        封印されたAKB48盗撮事件

新着記事

百田尚樹が都知事選に出馬表明?寝言をいう前に田母神俊雄を応援して「立派な日本人」と絶賛した責任をとれ

社会

舛添要一を“弱い者いじめ”で引きずり降ろした次は、候補者選びに話題がスライドした都知事問題。しかし暗澹たる気分にさせられるのは、出馬が取り沙汰されている…

続きを読む

横田夫妻とウンギョンさん“面会写真”掲載にバッシング!裏側に「救う会」の横田夫妻への圧力

スキャンダル

拉致問題というのはどうしてこう政治にからめとられてしまうのだろう。「週刊文春」(文藝春秋)616日号に、横田滋・早紀江夫妻と拉致被害者・めぐみさんの娘…

続きを読む

橋下が出なければ都知事選最有力?舫の当選を阻止しようと安倍官邸と内調が金と下半身を徹底調査!

社会

714日告示、31日投開票で決まった都知事選だが、実は安倍官邸と自民党が相当焦っているらしい。「官邸は当初、橋下徹前大阪市長を推そうとしていたが、…

続きを読む

報道圧力団体「視聴者の会」公開討論でリテラが安倍首相との癒着を徹底質問!上念司と小川榮太郎が珍回答を連発

社会

「だからね、利益供与とか便宜供与とか言うけど、私ね、(『約束の日』を)誰が何冊買ったかなんか著者は知らないよ!」「そういう属性で小川さんを批判するってこ…

続きを読む


『スッキリ!!』で宇野常寛が舛添報道を「イジメエンタテインメント」と正論の批判で、加藤浩次が凍りついた

社会

舛添要一東京都知事がついに辞職願を提出してから丸2日。ワイドショーはとたんに舛添の疑惑のことなどまったく触れなくなり、今度は「次の都知事は誰がいい?」な…

続きを読む

お前らに舛添を責める資格はない…自民党の地方議員はトンデモだらけだ!「同性愛者は異常動物」「早く中出しさせて〜」

社会

政治資金問題で窮地に立つ舛添要一東京都知事だが、ついに辞職に追い込まれた。舛添の疑惑については、テレビや新聞が狂ったように喚き続けてきたので、今更コメン…

続きを読む

舛添よりヒドい!安倍首相の政治資金追及第二弾!大臣規範抵触の巨額集金パーティ開催、報告書の虚偽記載…

社会

公私混同疑惑によってついに辞職が決定した舛添要一東京都知事。その一方で、政権のトップ・安倍晋三首相にも、政治資金で「ガリガリ君」や愛飲する“若返りの水”…

続きを読む

文春が東京五輪の衝撃スキャンダル暴露電通元専務に招致委員会から巨額の金、JOC竹田会長も電通と癒着

ビジネス

東京五輪招致委員会が開催権を獲得するために23千万円の裏金をばらまいていたことが発覚した、東京五輪賄賂問題。本サイトでは先日、その中心的役割を演じてい…

続きを読む

自民党の都知事候補に嵐・櫻井翔の父親…総務省とジャニーズの二重タブーで一切の批判が許されない都知事に

社会

舛添要一東京都知事がついに辞職願を提出した。本サイトがこれまで何度か指摘してきたように、舛添と同様の公私混同は石原慎太郎元都知事や橋下徹元大阪市長、そして…

続きを読む

舛添が公私混同で辞任なら安倍首相も…政治資金でキャバクラ、ウニの爆買い、コスメにジュエリー、ガリガリ君

スキャンダル

舛添要一東京都知事がいよいよ正念場に追い詰められた。一時はこのまま逃げ切ると思われたが、自民党までが不信任案を提出する構えを見せ、舛添都知事は辞職か解散…

続きを読む

東京五輪賄賂工作を仕掛けた電通の“キーマン”が語ったこととは? FIFA汚職にも電通と元幹部が関与か

ビジネス

東京オリンピック招致にあたって、日本の招致委員会が賄賂を送金していた問題。マスコミはほとんど報道しないが、23千万円という疑惑の金を受け取ったコンサル…

続きを読む

安倍首相「私は立法府の長」発言だけじゃない!都合の悪い議事録を次々改ざんする安倍政権の危険性

社会

またも安倍政権が議事録に“勝手な修正”を行ったことが発覚した。 先月516日に開かれた衆院予算委員会で、安倍首相は民進党の山尾志桜里政調会長の質問…

続きを読む

アベノミクスで日本企業の内部留保がさらに肥大、“タックスヘイブン”ケイマン諸島への投資額激増も判明!

2016.06.12ビジネス

財務省が今月1日に発表した13月期の法人企業統計(金融・保険業を除く)によると、「利益剰余金」は3月末時点で前年同期比6%増の3666860億円。昨…

続きを読む

テレ東『世界ナゼそこに?日本人』に多数の統一教会信者が!「合同結婚式で海外信者と結婚」を隠しウソ経歴放映

スキャンダル

Youは何しに日本へ?』『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』『家、ついて行ってイイですか?』など他局とは一線を画す“予算激安”番組で絶好調のテレビ東京だが…

続きを読む

この記事へのコメント

  • パイプの煙

    大和心さん、以前にゅう様のコメントされていた波動の法則から、主様の『目に見えない「波動」の集積によって、「場」が形成されている』に導かれるような内記様の「日月神示」に照らしたコメント、人智を超えた存在からの強力な磁場に導かれるように、今まさに日本を中心に巨大な磁場が形成されつつあると思います。
    一つ一つは芥子(けし)粒のようなちっぽけな存在ですが、結合され巨大な磁場が形成される過程において、ぶつかり合う粒子から発生する小さな振動がやがては大きなうねりとなり、巨大な振り子が負から正へと大きく振れ、やがて限界を超えた時に大きく境界を越えて磁場のボールシフトが起き、ぐるりと世界が一転し弥勒の世に繋がっていく、そんな気がします。
    その歴史的な転換点に立ち会えている幸運に感謝するとともに、己に課せられた責任の重さに身震いする思いです。これから立ち向かう困難と苦難に如何に立ち向かうか己自身が試されており、日々精進を心掛けて生きていきたいと強く思います。
    2016年06月21日 01:58
  • 竹遠

    覚醒を促すために悪の御用が仕組まれた…詭弁のようなパラドックス的論は、過去を振り返った時に思い当たることが幾つもあって、点が繋がるなんとも不思議な喜びを感じます。

    私の個人的見解で、自分教の宗教的概念です。 人間の生は一度きりでなく魂の連続性があると思っています。生まれ変わりを信じるようになりました。
    人の年齢と同じように魂にも生まれ変わりの回数的な齢があるのではと。
    Something greatから宿題を与えられてこの世に生まれ、人生の荒波に翻弄されながら宿題をこなせぬまま終える者もあれば、あるきっかけから使命を悟り宿題以上の生を全うする者もいる。
    この違いは何ぞや。
    魂の経験値。生まれ変わりの回数を重ね、成熟した魂のなせる技のような気がするのです。
    DNAや今生の経験(環境説)だけでは説明出来ない事がある。生まれながらの才能とか、同じ条件でも気づく人気づかない人。カリスマなんて身につけたくともつくものでなし。
    理不尽な出来事も今生だけで見るから理不尽なのであり、魂の連続性とすると何かしらの原因があるやも知れず。
    巡り合わせの不思議もしかりです。

    被害者意識が大嫌いです。
    通り魔に遭う不条理な被害を被っても巡り合わせてしまった意味があると思っております。

    こんなことを考えると最低限魂を汚さないことの大事さに至り、出来ますれば磨くような生き方をしたいと考えてるようになりました。経験値の高い齢を重ねた魂は、神に近くなりいつかあちらの次元に行かれるのでしょう。
    各々が魂を持ってるとすると、こんな私でさえ神性が備わっていると認識せざる得ず、それに気づいたときはなんともうれしく至福に包まれました。
    多神教と一神教の矛盾が私の中で解けた瞬間でありました。
    人格と同様、神にも格があり神界のヒエラルキーはある。その頂点が創造神だろう。日本の神々の概念の真髄はそれと何一つ矛盾がない。
    超人的な事をなしえた人が神となって祀られる。人が神になる世界が古来から日本にはある。それは我々民の魂にも神性がある証左です。
    創造神はそれぞれ違う神名で表されておりますが、私の場合還俗した無宗教の立場ですからSomething Greatが一番しっくりします。
    スレ違いで恐縮ですが、大和心の回帰と出会い触発を受けて、死生感までも確かなものになりましたことを感謝いたします。
    2016年06月20日 23:01
  • 特命希望

    今晩は。
    先日の福岡での在特会デモ(桜井市も参加)の模様が、2ちゃんニュー速にありました。ソースは、産経新聞です。
    スレタイは、これです。
    【福岡】 在特会系の反韓デモと反対派が一触即発 ~デモ終了後は警官や買い物客、記者へ怒りを向けた反対派[06/20]

    そして、デモは川崎と違って、警察の干渉で中止になることもなく、無事に終わったとのことです。
    自分が興味を持ったのは、デモそのものより、反対派(いわゆるカウンター勢力)が、在特会に怒るだけではなく、警官や周りの人に八つ当たりしていたという小児のような行動です。
    以下は、その部分の抜粋です。
    >引用開始
    デモ行進が終わると、反対派の怒りは今度は県警に向けられた。
    警備活動にあたる警官にこう、噛みついた。
    「ビールでも飲んで、野球でも見たいと思っているのでしょう」
    「ヘイトデモがのうのうと終わったんだよ。正義がどこにいますか」
    反対派による攻撃の矛先は、警官だけでなく『ショッピングを楽しむ家族連れ』にも向かった。
    「こんな差別を黙って見ているなよ、お前ら!」
    一連の騒ぎで、デモ参加者側につばを吐きかけた20代の男性が軽犯罪法違反の容疑で任意で事情聴取されたが、逮捕者は出なかった。
    “とばっちり”は、記者にも向けられた。遠巻きに取材していると、反対派を名乗る男が寄ってきた。
    「オタクはどこの新聞?ネット新聞?」
    「ケンカ売ってんのか。なら買うぞ!俺が何をやろうと、自由だからな」
    男の仲間や警察官も集まってきて、記者の顔写真を撮り、罵声を浴びせた。
    だが、街宣行為がひと段落して、近くの警固公園を歩いていると、先ほどの男が近付いてきた。
    「さっきはつい熱くなってしまった。すいません。以前、デモの主催団体側にネット動画で中継されたことがあったんで…」
    記者が「感情的に周りに怒りをぶつけるのは、われを忘れるからですか?」と尋ねると、男性は目を見開いてこう語った。
    「それ以上ですよ」
    引用ここまで。

    デモ隊や警官、記者に怒りをぶつけるだけならまだしも、そばにいた無関係の一般人に八つ当たりしてはまずいでしょ、と言うのが私の率直な感想です。


    2016年06月20日 22:28
  • にゅう

    大和心さま。
    私は、私的事情により口から言葉で表現したり、文章を作るのが苦手で、イメージ先行型の人間です(笑)。
    内記先生がコメント欄にて私の思う「波動の法則」の説明を細かくして下さったので、大変有難いです。嬉しいです!
    いつもありがとうございます。
    2016年06月20日 22:06
  • まかろん

    UP文章内容と全然違う話で申し訳ありませんが…大和心様なら何かに気付かれるかと思って…
    答えの無い話です


    人間は偉くもなんともない
    人間は自然の一部であり、生かされてるもの
    人間は自然の恩恵で生きている
    だから、自然のもの全てに敬意を払い、感謝して生きなくてはならない
    (それが「戴きます」や「ご馳走様」の挨拶に繋がる)

    自然を壊し、生き物達の生きる場を奪い、壊し、そうして人間は生きている

    バチが当たらない訳がない
    遺伝子操作など、人間を壊すものでしかない
    戦争しても、誰も幸せにはならない

    快楽を幸せと勘違いしたバカが浮かれてやっているだけ

    日本人は人間の代表

    自然に一番近い人間

    日本人は自然の声を聞いて、共に生きる事を選び、誓わなくてはならない

    そうしなければ滅びてしまう

    ノアの方舟のように、生き残るものたちは決まっているから

    今の戦いが終わったら、次に目指すのは「どう生きていくか」

    資本主義に浸って、ものが溢れた中で、どれだけ本質に目覚めれるか

    この先、生き残るものの霊的レベルで決まる
    高ければいいということではない
    物事には全て、「光と影」「本物と偽物」等のように、二面性があるものだから…

    目に見えない(宇宙?的な)世界では「良い悪い」は無い
    皆、そこに「有る」だけ
    その世界が必要と思うなら、そういう意志が働くなら、人間から見て「悪」でも生き残る…それが、法則

    第一、人間ごとき、宇宙?的な世界から見て必要なのかどうかも怪しい
    (私は昔、ずっと遠くの宇宙の果てから、チェスの駒のように配置され、戦う人間の姿が見えた気がしました)
    人間は単なる「駒」なのかもしれない…
    何のために?
    地球が存在し、人間や他の動植物が生きる事に、どんな理由があるでしょう?
    誰も言えない

    「それ」を造ったものでない限りは…

    異次元世界から…目線で語ってみました(笑)
    余命ブログは現実社会を、此方は魂の行く先を示しているので、リンクしあうと面白いでしょうね

    失礼致しました
    2016年06月20日 21:29
  • 武士道 大和 天原

    大和心様
    久し振りにコメントさせて頂きます。
    昨日安倍総理の都内街頭演説に参加させて頂きました。その後、インターネットに上がっているニコニコ動画の党首討論を見ました。
    街頭演説では目の前で常に帰れコールされ、党首討論ではすぐ近くに売国奴党首達が居たのですが、感じたのは安倍総理の圧倒的な余裕です。
    街頭演説では帰れコールに「お母さん達にあまり他人の事は批判するなと言われましたが、あなた達も批判ばかりしないで…」と笑いを取ったり、
    党首討論では写真撮影の後、売国奴党首や中山恭子氏などに握手をがっしりとしに行くその姿は、「もう自分の勝利は確定しているから、握手だけでもしてあげますよ」といった調子でした(笑)
    安倍総理は
    ①真の人権擁護を考える懇談会 -最高顧問
    ②創生「日本」(旧称「真・保守政策研究会」)会長
    ③日本会議国会議員懇談会特別顧問(幾つかの学校で教科書が採用された育鵬社は日本会議系です)
    ④日本の前途と歴史教育を考える議員の会顧問
    ⑤神道政治連盟国会議員懇談会会長
    ⑥親学推進議員連盟会長
    です。
    ①②は国内外の皮相の動きや表面的理想主義的な現実に即さず危険な政策を排し、真の国益を求める保守政治家の長であること、
    ③④は戦後マルクス主義史観に依らない真の歴史教育を推進する長であること、
    ⑤はその教育を子ども達だけでなく、親世代、大人達にも行うという事、
    ⑥はまさに大和心様や内記正時様がおっしゃる欧米的価値観から日本的神道的価値観への昇華、次元上昇を達する事の証なのではないでしょうか。

    第二次安倍内閣時代の総理がお書きになった本の一つに、「美しい国へ新しい国へ」という本があります。

    戦後レジームから脱却した先に有る世界とはどのような世界でしょうか。
    戦前その物であるとは思いません。あれから科学技術、特に情報伝達周辺技術が飛躍的に進歩しました。プロパガンダはもう通用しないでしょう。旧ソ連が崩壊しました。北朝鮮は地上の楽園では有りませんでした。キューバはアメリカと近づき、ベトナムは中韓と対立し、そして昨今中国は周辺諸国中を敵に回し崩壊は必至手遅れ状態です。日本は味方も増え、日本奪還後の世界は良い意味で戦前とは異なる世界となるでしょう。
    しかし、日本奪還後は戦後レジームからの脱却というくらいですから、戦後とは決して絶対に異なる世界でなくてはなりません。
    あくまで自分の予想ですが、安倍総理率いる日本は、戦前の精神的卓越、戦後の物質的豊かさを兼ね備えた世界の平和を導く模範的超先進国家に次元上昇するとそう思います。

    上記の様な、素晴らしい議員連盟の長を務める安倍総理が戦後70年間反日在日に犯され、民主党によって後一歩で中韓による日本侵略が完了する一歩手前で、奇跡的な復活を遂げた。
    自分はもう、確信しております。
    美しい国、日本。新しい国日本。
    歴史と自然、神と天皇陛下。それらが永遠に続くよう、

    皇國常に榮え有れ
    2016年06月20日 17:46
  • 内記正時

    大和心様
     
     内記です。短い周期での投稿(今回で四回目)になって来つつありますが、心の欲するままにコメントさせていただくこと、お許しください。大和心様のブログ「51」に、以下のような波動に関する「妄想」の発表がありましたが、今回はこれ触発されての投稿となります。

    (引用開始)
    妄想は現実化した瞬間、現実となる。妄想を描くことはできても、現実化することには誰も確信を持つことはできない。
    まるで3年、10年、50年、100年…未来の着地点から「現在」という過去に遡って、一通過地点である「現在」を解説しているようにさえ思える。

    余命ブログや安倍総理には目に見えない「波動」の集積によって、「場」が形成されている、という仮説を拙ブログの卑近な例から立ててみた。
    既にここにお集まりの読者各位も一つの場を形成し、一つのパワ-を以て現象化することの妄想を私自身描いているのである。
    (引用ここまで)

     大和心様のご指摘は、「波動の集積による場の形成」という仮説がベースになっていて、いわゆるこれが、「形而上(波動の集積)」から「形而下(場の形成)」へと現象が移っていく原理だとお考えのように推察します。実はこのご指摘は、「日月神示」に照らしても大変重要な神理を突いていると考えられます。

     よく言われる「波動の法則」の一つに「共鳴、共振」というものがあります。音叉の実験などで誰でも知っている現象ですが、これが「形而上(霊的、精神的)」世界において発現すれば、これに共鳴した個人個人が共振して、それに関わる形而下の具体的な行動を起こすようになるという仮説が成り立ちます。人によっては、このことを「百匹目のサル」とか「引き寄せの法則」に重ねて説明しているようです。

     もちろん心霊的世界の存在を前提として成り立つ仮説であり、物質科学では証明できませんが、大和心様はじめ皆様は直感的に「そのとおり」だと首肯なさることと思います。何故なら、私たちの「魂」はそのことを知っているからです。よって私は、大和心様の「波動の集積による場の形成」仮説には全面的に同意致します。

     現実の世界において、このような場が現出したのは、安倍総理や余命様が発した「波動」に多くの人たちが共鳴し共振した(引き寄せられた)からに他なりません。余命様は、安倍総理との直接タッグは組んでいないように仰っていますが、水面下では完全に共鳴し共振し合っていると考えるのが自然です。そうでなければ、これほど巨大な「日本を取り戻す、日本再生の場」が発現する訳がないからです。

     そして、根本的な所でこの流れを生み出し、地上世界の動きと調和を図りつつ全体を統べておられる御存在がいわゆる「神」であり、その中心的な役割を担われる存在が「国祖(国常立大神)」ということになります。「神」という言葉に抵抗を感じられる方は、例えば「大いなる存在(サムシング グレート)」とか「宇宙意志」などとお考えになればよろしいかと思います。

     いずれにしろ「波動の集積」がたまたま偶然に起こる訳がなく、最も深いところで何らかの「意志」が働かなければならないことは明白です。前記引用文の「3年、10年、50年、100年…未来の着地点」という部分が、その「(神の)意志」の原型だと考えれば全体としてスッキリ符合します。

     さて、「波動の集積」にはもう一つ重大な法則がありますのでご紹介いたします。まずは次の日月神示の一節をご覧下さい。

    ① 新しきカタはこの中からぞ。日本からぞ。日本よくならねば 世界はよくならん。(日月神示第二十七巻「春の巻」第四十二  帖)
    ② てんし様よくなれば、皆よくなるのざぞ。てんし様よくなら んうちは、誰によらん、よくなりはせんぞ。(同第十四巻「風の 巻」第九帖)
    ③ 日本の人民よくならねば、世界の人民よくならんぞ、日本の 上の人よくならねば日本人よくならんぞ。(同第十九巻「まつり の巻」第十六帖)

     上記①②③には「よくなる順序」が書かれていますが、これをまとめれば、その順序は次のようになります。
      日本     →  世界
      てんし様  →  皆(人民)
      日本の人民  →  世界の人民
      日本の上の人 →  (一般の)日本人

     一見しておわかりのように、よくなる順序はまず「日本、日本人」であり、それから「世界、人民」と示されています。この逆はあり得ません。これが意味するのは、水が高きから低きに流れるように、よくなる順序は「波動の高い領域から低い領域(或いは、精妙な波動帯から粗い波動帯)へ移る」ということで、これもまた日月神示から導かれる重要な波動法則の一つです。

     つまり、日本(人)の霊性(霊的波動)は外国(人)より高い(精妙)ということになりますが、これが大元の神仕組ですから、大和心様の「日本盟主論」や「日本は世界の雛型である」などのご指摘は、日月神示とほとんど同じことを述べておられることになります。正しく慧眼であります。そして当然ながら、それだけ日本(人)の使命は重いということになります。

     なお前記②の「てんし様」とは日月神示特有の表現であり、来るべき新世界の霊的中心者のことですが、現実的な意味では、我が国の「天皇陛下」が該当します。日本が神国であるとは、日本人の霊性が高いことはもちろんですが、「てんし様(天皇陛下)」を戴く国柄であることが根本理由なのです。
     また、③の「日本の上の人」とは、地位の高い人とか権力者、或いは金持ちなどのことではなく、あくまで「(本来的な)霊性の高い人」のことだと考えなければなりません。安倍総理と彼を支える側近たち、余命様とそのスタッフ、大和心様やとそのブログの共鳴者の皆さんなどが該当すると考えられます。

     以上、長文・駄文にて失礼いたしましたが、最後に一つ申し上げておきたいのは、前記した「日本人の霊性は高い」の「日本人」とは、法律で定める「日本国籍を有する者(国籍条項)」とは直接関係がないということです。国籍条項が有効であるなら、帰化さえすれば全員霊性が高い(高くなる)というおかしなことになってしまいますゆえ―。
     あくまで霊的な意味での日本人と捉えるべきものです。


    ※ 私の場合、大和心様のブログへのコメント投稿と言いながら も、形而上の深い内容に関してはどうしても日月神示の解説が  入ってしまいます。このようなコメントでも宜しければ、今後も 折に触れ書き込ませていただきたいと思いますが、一方において ブログのご趣旨から逸脱していないかどうか気にもしておりま  す。
      この点は慎重でありたいと思いますので、率直なご感想なりお 考えなどをお聞かせいただければ幸いに存じます。
    2016年06月20日 11:37
  • 芋瀬童子

    いつも視点が少しずれた意見を述べて恐縮ですが一人ぐらい、銀河系の中心からの感想を述べるのもいいのではないかと思い、また書かせて戴きます。
    昔フランス系の学校に在籍しましたが彼らに団体で研修旅行などと言う事は論外、夫々自己主張があって纏まらない、一方日本人は誰かが旗を立てると皆それに集まる。面倒くさい事はお上に任せて思考停止する国民性は先の戦争のような事態には都合がいいのかもしれませんが時に危うい。
    戦前、企業のお先棒を担いで国民をシナ大陸に引きずり出し、日本更地化に一役買った者共は戦後、GHQの裏に隠れた[モノ]のお先棒を担いで日本国民分裂分散を図った。
    GHQ憲法は特あ三国にとって最高の安全保障であり利得の手段であってこれに平和愛好の熨斗を付けて思考停止付和雷同国民に周知徹底するには出費を惜しまない状況であったと思う。故にその出費の受取人が居たし今も居ると思う。政権は既に掴んでいると思うが泥棒を捕まえて見たら中に我が子も居て困惑、じゃないか?
    特亜三国には勧進元、上記の[モノ]が居る。これは黙示録によれば既に天(形而上、波動界)から落とされ、形而下、現象界、人間界に見えない形で居る。その故に世界が混迷の度合いを深めている。その[モノ]に取って命取り、黙示録言う生きながら火の池に投げ込まれる事態、になるのは日本の復権と存続が原因になる(これは聖書を読んでの個人的閃きではあるが)。そのモノにとって日本+皇室は命取りになる存在であって[どんな手段を使っても日本国と皇室どちらかは必ず潰さなければならない]
    つまり日本民族と皇室が在っては己が釜茹でにされるとの恐怖に戦く見えないモノが特亜三国を操って日本と皇室を滅却しようとしているのが我々が今見て居る全ての打ち上げ花火だと思う。
    海でシナやチョーセンが花火を揚げる、陸でイヌが花火を揚げる、日本国民が付和雷同めんどくさい事は人任せの愚民かそれとも一見愚民、さりながらここ一番はフンドシを締め直して、の侮りがたい国民かを問われるのが今度の選挙だろう。

    2016年06月20日 10:04
  • グラス

    初めまして。
    蓮舫議員不出馬の報が流れていますが、まだ少し時間があります。ギリギリのタイミングで出馬表明すると予想しています。

    舛添氏のこのタイミングでの辞任で一番有利なのは、蓮舫議員です。

    ニュースによると、蓮舫議員は民進党の党代表、ゆくゆくは総理大臣を狙っているそうですが。それなら、衆議院へのくら替えが必要。国会の解散権を有する首相は、解散して民意を問える衆議院に属している議員、民意を問うた近々の選挙で信任された衆議院議員から選ぶのが不文律です。都知事選に負けても、蓮舫議員なら再来年の衆議院選挙に当選するでしょう。都知事選はむしろくら替えする良いきっかけになり、蓮舫議員にリスクはありません。

    安倍政権は、舛添氏の後任に櫻井俊氏を考えていたと思いますが、いかんせん準備期間が短かすぎます。要職に就いているような人は、本人は勿論のこと家族親族も色々しがらみがあり、関係各所への事前の説明は欠かせません。根回し、選挙の下準備に最低三ヶ月はかかることから、秋に都知事選があると想定していたのではないでしょうか。
    2016年06月20日 03:13
  • 大和心様。

    沖縄米軍の事件に抗議する県民大会の様子を伝えるメディアの印象操作です。

    沖縄タイムス- 被害者悼み海兵隊撤退要求 沖縄県民大会に6万5千人。

    毎日新聞- 被害者を追悼する沖縄県民大会が19日、那覇市であった。数万人が参加。

    朝日新聞デジタル- 「沖縄県民大会に6万5千人」⇒「大勢の参加者」に差し替え。

    ロイター通信- 沖縄県で米国に抗議する大会が行われ、数千人の日本人が参加した。

    抗議デモの参加者数はマスコミ発表の十分の一が実数と思っていますが、今回も同様のようですが、朝日は少し腰が引けたようです。

    舛添問題は、集団的イジメの要素が強く連日の報道に馬鹿馬鹿しさを感じてはいました。(裏側の意図は別として)
    元々、都知事として相応しくない方なので辞任は歓迎ですが、メディアによる印象操作、世論誘導の力は相変わらず侮れないことを感じます。それはTVに誘導されやすい方が多いからで平和ボケの弊害なのかも知れません。

    アメリカの銃乱射事件や英国の女性議員殺害も時期的に考えれば、政権による陰謀も否定できません。印象操作で敵対側にダメージを与えています。(トランプ支持低下、EU離脱支持低下)

    世界は、陰謀達成のためには国民の犠牲も計画の内です。
    (真珠湾攻撃で犠牲になった米兵や9.11テロ?)

    主様が言われるように、印象操作に嵌まり本質を見失うことは避けたいものです。

    2016年06月19日 22:34
  • らん

    大和心様

    本レスより反れてしまいますことお許しください。
    本日九州福岡警固公園にて、桜井誠氏の大嫌韓街宣&デモが行われます。楽しみにしており行きたかったのですが、先日検査入院をし昨日退院した私の腕は点滴やカーテル通して腕はアザだらけ。明日は仕事もあるので泣く泣く諦めました。
    実は凄いと感じたのは、本日福岡は降水確率70%大雨の予定です。とても湿度は高いですが優しい風が吹き雲っています。終了までこのまま頑張ってほしいものです。証拠ビデオと考えていたのですが、お力になれず残念です。桜井氏のパワーは天にも通じているのではないかと思いました。
    2016年06月19日 15:21
  • 特命希望

    今回の主様の記事。とても興味深く拝読させていただきました。
    あ、もちろん貼られている梨寺のも・・・
    その中から、私が関心を持ったものを抜粋させていただきます。
    >引用開始
    ところが、舛添はあんなごく少額の政治資金の私的流用で辞職まで追い詰められたのだ。
    (長くなるので中略)
    その様相はほとんどマスコミと大衆が一体になった「イジメ」だったといってもいい。
     もっとも、こんなことはマスコミは口が裂けても言わないだろう、書くのは結局、リテラだけか……と思っていたら、当のワイドショーでこの舛添叩きの異常性を真っ向から批判するコメンテーターが現れた。
     ゼロ年代以降のカルチャー批評で高い評価を得ている評論家の宇野常寛。

    マスコミはほとんど報道しないが、2億3千万円という疑惑の金を受け取ったコンサルタント・ブラックタイディングス社(以下、BT社)を紹介したのは電通であり、一連の賄賂工作は最初から最後までこの巨大広告代理店が仕掛けたものであったことは、もはや疑いようがない。
     そして、招致委員会と電通を結びつけ、賄賂バラマキにも深く関与していると言われるのが、現在、五輪組織委員会理事を務める『高橋治之』氏だ。
     電通といえば、広告代理店という存在以上に、メディアに対して絶大な影響を与える組織だ。企業からのCMや広告、そしてパブリシティをマスコミに供給するパイプ役や様々なイベント、広報や企業不祥事の際のスキャンダル潰しにも関与する。
    (中略)
    しかし、AKBとの関係はそんなレベルではない。電通はAKBの誕生から国民的グループになった現在まで、AKBに寄り添い、運営サイドと二人三脚でバックアップするなど大きな役割を担ってきた。
    引用ここまで
    ここで自分が思い出したのは、以前の波羅様のコメント。
    >引用開始
    最近は反日左翼も愛国保守もすっかり安倍万能論の有り様ですが、すっかり下火になり話題から消されたパナマ文書の電通問題についてお話してみようと思います。
    これは安倍総理の身内問題にもなってくる為に、対処を誤ると安倍政権は一気に崩壊します。
    おそらく安倍総理自身からは動かないでしょう。
    国民から高橋治之の責任追及の声が来ない限りは。
    引用ここまで
    つまり、梨寺としては、電通を叩けば安倍政権にダメージを与えられると考えているのかもしれません。
    ただ、電通は叩けても創価は追及できない。自民党と連立を組んでいるのだし、総力を挙げて取材すれば、安倍自民は創価の利権にどっぷり浸かってるなんてスクープがものにできるかもしれないのに(笑)
    やっぱ、梨寺は創価が恐いorお友達なんでしょうかねえ。
    とにかく、梨寺と、以下に引用した記事を読んで改めて「やっぱ、パヨクは馬鹿だ」としか・・・
    例によって、「ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 」からの抜粋ですが。
    引用開始
    >人ん家の土地に勝手にこんなもんつけてさ〜しかも今度は木まで使ってうちんちのコンクリートに釘までさしてちょー迷惑な議員山尾しおり。
    >この人いまガソリン代を政治資金使で使ってたたかれてる人
    >近所の人皆怒ってるよ〜おばさん♡
    民進党政調会長である山尾志桜里の選挙区(愛知7区)に住んでいる女子高生による怒りのツイートだ!
    山尾志桜里は、他人の家のブロック塀に勝手にポスターを掲載していた!
    しかも、他人の家のブロック塀に、勝手に木製の掲示板を釘で打ち込んでいたのだから、かなり悪質だ!
    他人の家のブロック塀に釘を打ち付けたら、器物損壊罪だ。
    さらに、「近所の人皆怒ってるよ〜」というツイートから分かることは、山尾志桜里が当該女子高生の家にだけではなく、この辺一帯の家々に勝手に手当たり次第ポスターを貼りまくっているということだ!
    これは、近隣住人一同で告発状を作成し、正式に警察に刑事告発するべきだ。
    >いや、常識ないよねwうちのマミープンプンしてるわ
    本当に常識がない!
    ところが、そんな非常識極まりない山尾志桜里がテレビ番組(BSフジ「プライムニュース」)に出演し、舛添要一について「国民の暮らしや常識から離れている」と批判した!
    引用ここまで
    以上、駄文・長文にて失礼いたしました。
    2016年06月19日 08:00
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439151349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック