69.都知事戦の核心は、戦後体制の攻防という見方。

一夜明ければ情勢が一変していることが珍しくないほど、国際社会は風雲急を告げている。その現象は恰も百匹目の猿現象の如く、連鎖的に世界各地に伝播しているかのように映る。

こんなときには、現実から視点を少し遠くに移すと共に、複眼的に見ることに努めてきたつもりである。

だが、ある読者の方から提供頂いた情報からたどり着いたことを契機に、折に触れてご紹介させていただいている積哲夫様のブログを拝読した瞬間、重大な視点を見落としていたことに気づいたのである。

まだまだ洞察に甘さがあることを痛感し、ハッと目が覚めた気持ちになったことを告白し、皆様と共に考えて見たいと思ったのが、今回の出稿の動機となった。

それは今たけなわの都知事戦であるが、どうやらその核心を外していたことに気づいた。勿論、私自身も含め、メディアやネットも近視眼的視野であったことを認めざるを得ない。

おそらく、候補者本人も担いだ側も、無意識の内に選挙戦を戦っているのであろうが、最初はこぞって左右の戦い、知名度の高い者を有利とする思惑で動いていたことは事実である。

だが、有力3候補についての核心は、左右の対立や知名度による戦いではなく、戦後体制の利益を代表する2つの勢力と、体制に風穴を開ける勢力との三つ巴の争いであったことに気づく。

告示直前のドタバタ劇の流れをみれば、この事を候補者自身が気づいていたかどうかはわからない。
だが、積氏が指摘される見解をみれば、本人の意識とは別の次元で、期せずして2つの戦後体制守旧派の代表と、レジームチェンジに向かって体制に風穴を開ける勢力の代表による三つ巴の攻防が、今たけなわの都知事戦の構図となっているのである。

ここに、天の采配による形而上の仕組みが、現実社会に写し出されている現象と見れば、組織や知名度によるかつての選挙戦のセオリーが崩れて行くのも、当然の成り行きだったことに気づかされるのである。

それぞれの候補者が、課せられた使命に気づいているかどうかはわからない。だが所詮は人智による利害闘争で担ぎ担がれた結果によって出馬した有力3候補には、戦後体制の攻防という極めて遠大な役割が課せられていたとすれば、やがて歴史が証明することになるであろう。

そして、戦後体制の転換が訪れた時、候補者は初めて自らに課せられていた使命に漸く気づくのかも知れない。

だが、歴史を変える主体者は有権者であることを忘れてはならない。


巣鴨プリズンと小池百合子


今回の都知事選挙について、かつて、巣鴨プリズンと呼ばれた所の官舎で育った私に、ある種のメッセージが届いたので公表しておくことにします。


東京裁判のA級戦犯とされる方が、いまの天皇誕生日に、処刑された場所が巣鴨プリズンでした。その場所は、東京都豊島区で、池袋の駅から歩ける、いまのサンシャインビルの建っているところです。十三階段の処刑場のあったところは、いま公園とされていますが、池袋の街そのものが、ガイコク化するなかで、何か大切なものを忘れたままの戦後というものを問いかけるようなエネルギーを宿しているのは、すこし霊的な能力のある人間ならわかるはずです。


東京オリンピックは、戦前にいちど開催が決定していました。その開催は戦争で消えましたが、前回の1964年のオリンピックでは、この国が高度経済成長を成功させる国民的な合意が形成されました。


今回のオリンピックは、2020年です。その時までに、日本がほんとうに覚醒できるかが問われているのですが、この視点から考えると、主要三候補といわれる方々の背負うものがあきらかになります。


皇紀2600年に生まれたジャーナリストの候補は、戦後のGHQによってレールをひかれたマスメディアの利益を代弁する存在です。男性の自公推薦候補は、これもGHQによってレールをひかれた戦後の地方自治体の議会の議員グループの利益を代弁する存在です。


豊島区を選挙区とする元衆議院議員の女性候補は、その敗戦利得者たちのつくった戦後システムに風穴を開けるためにあらわれた存在のようです。
この三者の関係を考えると、ほんとうに日本国の首都たる自治体の首長を決める今回の選挙で、2020年までのこの国の気分というか方向性が決まってしまうことがわかります。いま進行中のことについて精神界は、情報を開示しますが、それを参考にして、決定するのは、ひとりひとりの日本国民であるということです。


天皇制を含めて、ひとりひとりの国民が、この日本をどうするのかという、究極の民主主義がいま達成されつつあるという歴史の動きのなかで、今回の都知事選挙は、マスメディアやその他のメディアが報じているような、左右の対立や知名度による人気投票といったネガティブな選択ではないといえます。


7
31日の投票に向けて、さまざまな情報操作がこれからも行われていくでしょうが、日本全体の意識の場が、これまでもくり返しお伝えしてきたように、これまでのような戦後の支配システム下での羊のように洗脳されたところから次のステージに上昇しています。


このステージの上昇、または移動にまったく気がついていないのが、団塊の世代なのですが、この戦後に物質万能主義の教育を受けて、死んだら終わりと信じ込んでいる人間グループに、これから死に向き合う時間が訪れることになります。


この人間のたましいのあり方が問われる時代に、自分たちの死に方の責任がとれないものたちが、子供たちやその先に未来の子供たちのことを考えて、地方自治という政治の責任を担うことは、常識的に考えてもしてはならないことのはずなのです。


A
級戦犯の代表ともいえる東條英機元首相は、64才でこの世を去りましたが、不思議なことに今回の主要三候補のうちの二人は、64才です。


現在の日本の姿、とくに豊島区の姿が、あの戦争の結果であるとするなら、大東亜戦争と名づけられた戦いの目的とされた東亜諸国民の融和とはまったく別のものになっているということに、そろそろ、多くの日本人が気づかねばならないのです。


過去は、精神的なエネルギーの場で消え去ることはありません。そして、人為的に作り変えた過去から生まれるのは、本来あるべき正しい時空の扉とは別の物語です。


私は、精神界の伝達として、明治維新に間違いがあったから、1945年の敗戦に到る道が開かれてしまったのだということをお伝えし続けています。


この次元の扉、または時空の扉というものは、誰でも、ちょっとした連想ゲームをしてみればわかるはずです。あの時、別な選択をしていたら、いまとは違う人生の時間が経過したはずということを考えたことは、誰にでもあることでしょう。その選択のなかには、実は選挙のようなものも含まれると考えてみてください。


未来を決めるのは、そうしたひとりひとりの意志なのです。都民の方には、今回の選挙で、東京だけではなく日本の未来にも責任が生まれるという自覚が必要なのかもしれません。

2016721日 積哲夫 記

この記事へのコメント

  • 特命希望

    妖精さんの端くれ様へ
    拙コメントに言及いただき、誠にありがとうございます。
    民進や共産がなぜこうも阿呆なのかずっと首を捻っておりましたが、やはり親分(中共)の特にキンペー氏の頭のネジが外れていて、その命令に従っているが故の行動なのかとも考えられますね。
    中共がいつまでもつか、中国が軍閥ごとに四分五裂する可能性もあることを、子分たちはわからないのか。わかっていても、やはり親分には逆らえないのでしょうかねえ。
    それと、takeshi様のコメントにあった陽動作戦。万が一不幸にも増田氏が当選してしまったら、それが証明されるやもしれませんね。
    2016年07月25日 22:23
  • IMF

    神無月様

    コメントありがとうございます。ご指摘の件は勿論その可能性は承知しておりますが、敢えて壇上からそれを制止してもいいのではないかと。特にパヨク記者が壇上に上がった時の動画は、彼の主張自体はやはり首を傾げたくなる内容だったにせよ、逃げずに真摯に向き合っていたのにそれをかき消すような野次がひどく、それこそ桜井氏のイメージダウンを企図しているかのような様相。ならばその場で直接「話を聞こうよ」と聴衆に呼び掛けるとさらに好感度上昇で得票数が増えるかなと単純に思った次第であります。逆に言えばこういう所で損をするのが非常にもったいないなと。ともあれ政見放送も楽しみですね。
    2016年07月25日 21:37
  • 神無月

    大和心様。

    IMF様。
    支持者の下品な野次ですが、支持者とは限りません。在特会のデモでも在特会側に混じって下品なヤジを飛ばす在日が居ました。
    いわゆる、自作自演です。悪い印象を与えるための卑怯な手段ですが、彼らには卑怯という概念がありませんので、たちが悪い。

    在日問題は、心の中では思っていても言葉に出すことは気が引けていましたが、桜井氏の演説で変な気遣いは無用だと気づかされたと思います。
    余命様の目指す方向に、しっかりと進んでいますね。
    2016年07月25日 20:07
  • takeshi

    お世話様です。
    小池氏が優勢という報道ですが、鳥越氏は始めから陽動作戦ではないかと妄想しています。在日の特権を維持したい民進・共産が最終版で増田に組織票を集中させれば結果はどうなるかわかりませんよね。

    マスコミが3者しか報道しないのは公職選挙法に抵触しないのでしょうか?
    また東京都は全国から人材を集め食料、エネルギーも供給されて居る事を忘れないで頂きたい。日本の顔として恥ずかしくない首長を選択される事を希望します。
    2016年07月25日 19:55
  • IMF

    もはや小池氏の優勢は覆らないとは思いますが、驚くべきは桜井氏の聴衆の多さ!マスコミ報道から完全に排除されているにも関わらずこの関心の高さは「右翼で差別主義の泡沫候補」という一般人が忌み嫌うレッテル貼りを行うマスコミの印象操作が効力を失いつつあることを示しています。これは本当にネット時代の功の部分ですね。若者もテレビを見ないでネットをしている時間が長いので意外とシールズのようなお花畑は少数派で大人が心配するまでもなく正しい意識を持っているようです。もちろん顔や雰囲気で投票するってのも多いですが。

    やはり左翼思想に染まっていて一番テレビを見ている60~80代が一番の問題でしょうかね。

    しかし桜井氏の演説は回を重ねるほどに注目されているようで、功績は計り知れません。ただ一言言わせていただければ、演説の動画を拝見すると支持者の野次が下品で一般人がドン引きしかねません。パヨクと大差ありません。そういうのに慣れていない層をとりこまなければなりません。旧来の右翼のやり方は慎まれてはとおもいますが、無理なんですかねぇ。そういうところが少し残念。


    2016年07月25日 14:31
  • 芋瀬童子

    連投深謝! 振り返って見れば第二次安倍内閣発足以来、安倍政権の施策に冷静な対案を以て論陣を張る野党、反日売国は一人も居ない。実は反論出来ない事ぐらい解っている。有体に言えば既得利権やしがらみ、もしかしたら恐怖で動けない?! さらに何故か安倍総理に人気が有ることが妬ましくてしょうがない。
     この両方の帰結するところは【安倍政権を打倒、総理を退陣に追い込む】以外にない。そればかりが脳中を堂々巡りして頭に血がのぼり正常な判断力を失った、失って国民の人気目当てに【左翼の太鼓持ち】を担いでしまった。ところが日本特有の【沈黙する民衆】の存在を慮外していた。見たくないものを敢えて見ないようにする人間の愚かな習性が出てしまった。それが野党や反日勢力の実態でしょう?
     冷静に世界情勢、極東情勢、国内状況を思料勘案すれば現政権の方針に賛同せざるを得ない、相当にバカでも解る!然るにそうしない処を観ると1.相当頭が悪い、2.何かの利権に拘わる、3.カルト(お命頂戴)の罠にはまっている、4.依怙地、5.暴走族と同じ幼児性、のどれかだろう。
     そこへ行くと小池女史の【機を観るに敏なる】素質は評価に値する。(私は氏が単に都政改革の意欲のみで立ったとは思っていない、『虎視眈々と情勢を見て居て【今だ!】と崖から跳んだ』と思って居る。単に正論をものするだけが政治家ではないのではないか?)たとえ100点満点でなくても(世の中にそういう例はない)指揮者、一国一城の主としての資質は十分と考える。
    ・・織田信長は『こいつは拙い!』と思ったら即刻北陸攻めから撤退した、即刻比叡山焼き討ちを敢行した。・・権力とカネに恋々として落ちぶれて行く誰やらとは人間の質が違う。【武士道とは死ぬ事と見つけたり】の山本常朝氏や不惜身命但惜身命の気概など無縁の大方の政治屋(敢えて政治家と言わない)共が通用しなくなる世の中が近い。 安易にこういう事を言うのは憚らなければならないが先回と今回の選挙を見ていると単に人智や策謀の力学のみでは物事が動かなくなりつつある気配を感じる。何か見えないものの介入があっているように感じる。愚見恐縮深謝!
    2016年07月25日 10:54
  • 妖精さんの端くれ

    ご無沙汰しております。ここ数日の涼しさは桜井誠氏へのエールに思えてしまいます。「少しは楽でしょ?だから頑張れ」と目に見えない方々が仰っているような…。

    以前も特命希望様のご意見に同調させていただいたのですが、もしかしたらC党やイオン党には決定権がまったく無く、すべて中国共産党の言いなりなのではないかと思えてきました。
    と言うのもAIIBの顧問?にあの鳩山を選ぶ支那のズレっぷりが、鳥越擁立のズレっぷりと被って見えるからです。
    中共はズレてるスパイからの情報だけで指示を出してるんじゃないかと…。
    スパイの質が落ちてるのかキンペーがアホなのか逆スパイがいるのか、などと妄想してしまいました。
    お目汚し失礼しました。
    2016年07月25日 10:45
  • 特命希望

    皆様のような格調の高いお話はできませんが、自分が無い頭をいくら振り絞って考えても答えが出ない、都知事選での疑問。
    それは、以前にも投稿させていただきましたが、「何故にパヨク(特に共産党)は頭が悪いのか?」ということです。
    私には、鳥越をよしとして推す理由が見当たりません。逆に、問題を抱えまくっている御仁でありましょう。
    以下に、2ちゃんニュー速+からスレタイだけ転記しておきます。
    >【文春砲】 「鳥越氏の女子大生淫行記事は50年前の内容で事実確認もなし。選挙妨害だ」 共産党の女性議員が応援演説で擁護
    >【都知事選情勢調査】 民進党幹部が危機感 「厳しい情勢だ」
    >【産経調査】小池百合子氏リード保つ 追う増田寛也氏、伸び悩む鳥越氏 無党派層を中心に女性の支持を大きく減らす 終盤情勢
    >鳥越候補、ネット討論会を欠席 有力とされる3候補の中で、欠席は鳥越さんだけ

    愚見では、鳥越はセクハラ疑惑もさることながら、認知症であるという事実だけでも、都知事の仕事が務まらないのは明白です。
    それを共産党本部では、宇都宮氏を強引に引きずり降ろしてまで鳥越擁立。しかも、異を唱える党員には嫌がらせや圧力。
    独裁政党丸出し。おまけに、参院選のポスターで「speech」を「spech」と間違えるミス。しかも、不破哲三大先生の御尊顔にその恥かしいスペルミスが被さってしまっているという事実。
    それはともかく、都知事選では、かなりの党員の恨みを買い、小池票に流れたという話もあります。
    認知症やセクハラ問題などは、事前に調べればわかりそうなものですが、鳥越の知名度に投票してしまう都民が多くいると、党幹部は踏んでいるのでしょうか。
    確かに、マスゴミも鳥越を持ち上げる報道が目に付きますし、TVしか見ずネットに全く縁がない高齢者にはそれでも通用するかもしれませんが、どうなんでしょうね。
    ともかく、鳥越を担ぎ出した共産党や民進党の連中の心理は理解不能です。
    どうしてもこじつけて考えれば、実は、その連中も本心では、媚韓派の増田氏に当選してほしいが、自民と相乗りしたくないがために統一候補として鳥越を担ぎ出し、余りの評判の悪さに増田氏に票が流れることを期待しているのかもしれないとも思えてきます。
    増田氏と言えば、自身都議連はいいとしても自民党本部が本当は小池氏に肩入れしているという情報は知らないのでしょうか。
    勿論、確たる根拠のある説ではありませんが、自民党本部の対応を見ていれば、それくらい察しがつきそうなものです。
    そして、増田氏自身、安倍内閣の意向をどう読んでいるのか、自分が本当は応援されていないことに気づいていても、敢えて無視しているのかもしれませんが。
    そして余計自民都議連にしがみついて起死回生を図っているのか。
    とにかく、自分には、左翼、特に共産党の頭の悪さが、見せかけだけなのか事実なのかわかりません。もし事実ならば、劣化パヨクとか朝鮮人主体だからとかそれだけの理由で説明がつくのか、どうにも判断がつきかねます。共産党無謬説に長年縋りついてきたなれの果てなのか・・・
    以上、長文・駄文にて失礼いたしました。


    2016年07月24日 23:07
  • 波羅

    都知事選の得票数ですが、
    当選:小池
    次点(または3位):桜井
    になったらマスコミはどう報道するんでしょうか?
    今はそれ以外気になることがありません。
    2016年07月24日 21:43
  • 大祐

    日本国民として各人それぞれの役目役割がありますが、桜井誠氏を取り上げないチャンネル桜の水島氏の役割は6割までです。あとは本物の純正保守が本格的に活動するわけです。30日までに無党派層の爆発的な覚醒を祈ります。
    2016年07月24日 21:28
  • 神無月

    大和心様。

    鳥越氏唯一の功績は、烏合の野党を表に出し分裂に持ち込んだことでしょう。
    聞く耳を持つならば、撤退を決意する判断が出来るはずですが、取り囲む団塊世代の声しか聞こえないので、晩節を汚して終わりです。

    小池女史の一歩リードは変わりませんが、増田陣営の組織票が予断を許しません。桜井候補の人気も上昇中で、小池女史と食い合う可能性もあります。その場合、増田陣営の組織票が生きてきますから増田都知事の誕生も予測できます。

    ある意味、既得権益側からすれば願ってもない展開で、「桜井候補もっと頑張れ! 100万票取ってくれ!」です。

    正し、組織票が盤石な票ならばが前提です。党員の締め付けによって反感を買った票が、小池女史へ雪崩を打って流れる展開もあり得ます。(党員や家族が誰に入れたかまでは判りませんから・・・)

    舛添の数倍危険な蓮舫女史が、トップ当選する愚の聖地ですから開票結果が今から楽しみです。
    2016年07月24日 20:54
  • ひらめ

    私は今の情勢では小池百合子さんに決まるとは思いますが、桜井誠さんがどこまで票を伸ばせるかで今後の日本の方向性が決まってくると思います。街頭演説と政見放送のみの戦いですが一度聞けば人の心を動かしますもの。ネット保守民以外の方が街角で桜井氏に出会って目覚める現象が起きているのではないかと思うのです。あと1週間、頑張って欲しいです。
    2016年07月24日 17:35
  • 芋瀬童子

     中央地方の双方で、利権執着、権力追求、保身、癒着、尊大、派閥抗争等、目的あって群れた集団にして、他国にひれ伏して憚らず、国家を売り、天皇陛下をぞんざいに扱い、国民を愚弄する集団が我々の知る政党であって、そこには保守も革新も右も左もない。それでもなお自民、公明、民主、共産、社民等支持が居たのは所謂シガラミや次善に拘ったからだろう。無党派、投票放棄にはこれらの愚昧に鋭敏に反応した人々がかなり居たのではないか?
    この一群の象徴的人物を今回自民党が担いで政党なるものの正体が国民の前に曝け出された。
     戦後日本国民愚民化を図った3S政策に上手に乗って遊興娯楽の世界で羽を伸ばし、国民をおちょくって言いたい放題したい放題で世間を闊歩してはばからずミーハーの喝采を浴びる事に汲々として不倫も文化と言い放ち、これに迎合するメディアも一蓮托生で大衆を騙した者共、その象徴をまさにその騙す技に望みを託して野党が担いだ。これまたその隠されていた実態が暴かれ始めて国民は醒め始めた。
     この両方の不純傲慢国民睥睨に流石に立腹したか、共産支持層の3割、民進支持層の2割が小池候補支持に回ったと聞く。さらに創価の女性集団が割れたとも聞く。・・歴史の歯車は後戻りしない!ムカデと同じ、前にしか進まない、この行き着く先は政党政治の崩壊だろうと思う。
     【風向きが変わる】と言う、戦後70年、日本を覆っていた私利私欲強欲傲慢を煽る風が弱まって正常な風が吹き渡りつつあるのではないか?団塊の世代諸兄諸姉、歌声運動に酔い痴れ、美濃部に酔い痴れ、羽仁五郎をカリスマにして日本国と国民をおちょくり、一方で賃上げ闘争に励み、金銭物質欲に溺れた傲慢世代、団塊の世代、あなたがたの時代は終わる!
     天照大御神が岩戸を開いてお出ましになる!・・女性都知事が出現する(未だ期待だが)、考え過ぎだろうか?
     勝手な事を一つ書かせて戴きたい、その初めに知恵の木の実を食ったことによって人類はその知恵による自治に放置された。数千年に亘る懸命の試行錯誤によって民主主義を確立し、平和が齎せると思いきや、世界は二進も三進も行かない状況に追い込まれ至る所で二律背反、忠ならんと欲せば幸ならず幸ならんと欲せば忠ならず進退ここに極まれりに追い詰められてしまっている。最早【男の論理思考由来の知恵】では解決不能の状況ではないのか?
     女性でなければ解決出来なくなった世界の象徴として東京があるのかもしれない。愚見深謝!
    2016年07月24日 09:07
  • 神無月

    大和心様。

    前回の都知事選では、正しい歴史認識に目覚めた若者の保守化が進み、今回は五輪の準備に係るあらゆる問題の表面化で、薄々感じていた既得権益と在日の闇が原因であることに気づき、利権を壊したい気運が高まりだしたところでの都知事選ですね。

    共産主義の寿命は約70年と言われています。戦後日本の民主主義は民主主義と共産主義が同居したような体制でしたので、その共産主義の部分が寿命を迎え崩壊を始めたのかなと感じます。

    A区分戦犯の東条英機元首相の名誉回復が、GHQの呪縛を解く切っ掛けになるでしょうね。
    早く解放されたいものです。
    .

    2016年07月24日 07:54
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440350651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック