98.自民党党則議論始まる!舵取りは日本再生実現まで安倍総理に委ねるのみ!

蓮舫の二重国籍問題などで陰に隠れていたが、自民党は総裁任期延長の党則改正に向けた議論を本日(20)から開始する。


自民 総裁任期延長 きょうから議論(NHK)

920 421


自民党は総裁任期の延長をめぐって20日から議論を始めることにしていて、党内に「安倍総理大臣の総裁としての任期がまだ2年残っており時期尚早だ」という声があることも踏まえ、丁寧に進めていく方針です。


自民党総裁の任期は党則で「1期・3年、連続2期まで」と定められていて、現在、2期目の安倍総理大臣は再来年・平成30年9月まで務めることができますが、二階幹事長は「安倍総理大臣は内政・外交ともに実績を挙げている」として任期の延長を検討する必要があるという考えを示しています。

これを受けて、自民党は20日、高村副総裁が本部長を務める「党・政治制度改革実行本部」の役員会の初会合を開いて議論をスタートさせることにしています。
役員会のメンバーは党内すべての派閥から選ばれていて、高村氏らは安倍総理大臣に限った任期の延長ではなく、総裁任期のルール自体を見直す観点から党則の改正も視野に議論することにしています。

一方で、党内には「安倍総理大臣の総裁としての任期がまだ2年残っており時期尚早だ」という声があることも踏まえ、今後、党内の意見を幅広く聞くなど丁寧に議論を進めていく方針です。


拙ブログでは、ちょうど一年前の9/11の出稿記事で、自民党総裁任期39年への党則改正を提言している。  


当時は 安保法制成立に向けた審議たけなわで、安倍総理無投票再選の直前であった。

あれから一年…念願叶って漸く審議が開始される運びになったことに対して特別な想いを感じる。当時とは政治状況も大きく変化したが、改めて振り返ってみた。

(要旨抜粋)


 (大和心への回帰  15.9.11出稿)

安倍政権による日本再生実現のために、自民党党則「3期9年」への改正を求める!       

  http://blogs.yahoo.co.jp/nagomi3878/41116283.html 

       

()戦後以来の国家安全保障の転換となる安保法制に取り組んだ安倍総理は、後世わが国の「政治的資産」を築くために、政権を賭けた不退転の決意を以て臨んできたことがわかる。                                    

だが、自民党の党則では、総裁の任期は3年。連続2期6年と規定している。

つまり、今回の任期が満了する三年後を以て2期6年となり、安倍政権最後の3年になるということである。


田崎史郎氏は、安倍総理が今後取り組むべき政治課題は、究極憲法改正に至るまで山積しており、これまで以上に厳しさを増してくるものとの見解を示している。

今回の政権が安倍総理の最後の3年間となることを念頭に、来年7月の衆参同時選挙は難しいであろうと論じ、以下にその根拠を解説している。

更に、参院選後には次の政権争いを巡る動きが激化するだろう、との見解に至っている。()


()田崎氏が指摘するように「安倍総理は、12年末に再登板して以来、ため込んできた『政治的資産』を使い果たすつもりでこの法案に取り組んできた。」のである。

メディアは支持率の低下をはしゃいで喧伝するが、安倍総理にとっては織り込み済みであり、これによって信念が揺らぐことはいささかもない。

その支持率も回復基調にあり、後は16-18日に行われるであろう採決によって成立した後に、反対派の批判が沸騰する懸念はあるものの、ほどなく収束されるであろう。

()安倍総理が、単に政権を維持するだけの目的であれば、政権維持のリスクを背負って安保法制に取り組むよりも、歴代総理の多くがそうしてきたように、経済対策に専念したはずである。

ともあれ、安倍総理がこの難関を突破することによって『安保の季節』は終わる。


第三次安倍政権では、当面参院選に向け経済対策に力点を置くであろう。

産経新聞論説委員の阿比留瑠偉氏は

「『次は池田勇人路線』 総裁再選の安倍首相 支持つなぎ止め、日本取り戻す正念場」と題する論評を発表している。


日米安保という「政治的資産」のために政権の座を賭して退任した岸信介元総理の後継として就任した池田勇人元総理は、「所得倍増計画」を打ち出し、後の我が国に高度経済成長をもたらし、先進国への仲間入りを果たした。

阿比留氏が指摘する「次は池田勇人路線」とは、第三次安倍政権が経済政策に力点を置くとの観測を示したものである。


「次は池田勇人路線」 総裁再選の安倍首相 支持つなぎ止め、日本取り戻す正念場~阿比留瑠比

http://www.sankei.com/politics/news/150909/plt1509090002-n1.html


いずれにしても、自民党党則では連続2期6年の総裁任期は残り3年となる。

去る1月には、「東京五輪を安倍総理で」との期待感が高まり、党則を「3期9年」に改正する声が上がったことがある。


私的見解としても、保守支持層の多くも、安倍総理には安倍総理自身の手で、日本再生を実現し、悲願の憲法改正を見届けるまで安倍政権を継続してもらいたいと考えているし、安倍総理でなければ実現できないと考えている。()


これから始まる第三次安倍政権は、日本再生の本番である。

日本にとって、日本人にとって、国家100年の大業を成し遂げることが最優先、最重要である。

目先の政権争いによって、国家の大局を見失ってはならない。


自民党は、国家の大局を見据え「3期9年」の党則改正に踏み切ることを望みたい。

憲法改正と東京五輪を安倍総理の手で実現することを懇願するものである。


その道筋をつけるためにも、第三次安倍内閣が日本再生の実現によって、国家の立て直しを国民の目に見える形で推進することが肝心であろう。(以下略)


当時拙ブログでは39年案を提言していたが、最近は「総裁任期なし」にすべきであるという考え方に変わった。

   

政権与党たる自民党総裁は一国の内閣総理大臣である。


現行党則の問題点は、国民の圧倒的支持率を堅持している総理大臣に、次期出馬資格がないということに尽きる。

一政党の党則で任期を制限されるというのは国民の意志が反映しているとは言えないだろう、というのがその根拠である。

正確に言えば、ここでいうところの総裁任期とは、「連続」総裁任期であり一期3年は当然存置である。


仮に連続総裁任期条項を党則から削除すれば、総裁選は歴任期数に関係なく、3年ごとに行われるのであり、現任の出馬資格が担保されるということである。

あくまでも現任の出馬有資格であり、これによって現任の続投が確保されたということでは当然ない。


現任が次期も続投するかどうかは党員選挙を経て篩に(ふるい)にかけられるのであるから、これを以て特定の総裁が必ずしも続投できるという保障はないのである。


以上が「連続総裁任期条項」の撤廃…一国の首相に対する「国民の意志の反映」がクリア-されるための提言の根拠である。



蓮舫問題、小坪事件、高江ヘリコップ事件…よくも連日動いてくれるものである。

メディアは豊洲問題を連日取り上げ、これら反日勢力の問題の矛先をずらすことに躍起となっている。


このようなメディア汚染によって、「蓮舫に期待する」という国民が56.9%もいるという信じられないような国民のリテラシ—の低さには驚くばかりである。


既に周知のとおり、蓮舫は国籍法第14条と16条に違反していることが判明しており、公選法違反(経歴詐称)、政治資金規正法違反に抵触していることが、身内の民進党・原口一博元総務相から指摘されている有様で、議員資格のみならず台湾側の判断によっては、国籍剥奪さえあり得る。

これを知り得る国民が不報道により隠蔽されていなければ、こんなバカげた結果が出るはずもない。おそらく岡田克也より増しだ、程度の認識だとすれば国民の民度の低さは恐るべき事態である。


もはや、反日勢力は一括懺滅するしか、日本再生はあり得ないのである。


民進・蓮舫代表に期待56

共同通信世論調査


 共同通信社が1718両日実施した全国電話世論調査によると、15日の民進党の臨時党大会で選出された蓮舫新代表に関して「期待する」との回答は56.9%だった。「期待しない」は38.4%。旧民主党時代を通じて女性の党首は初めてで、期待感が広がった形。安倍晋三首相が26日召集の臨時国会での成立を目指す環太平洋連携協定(TPP)の承認案件と関連法案については「臨時国会にこだわらず慎重に審議するべきだ」が73.2%に上った。臨時国会で成立させるべきだと答えたのは11.9%だった。

 内閣支持率は55.7%で、前回8月の52.9%から上昇した。不支持率は30.0%。

2016/9/18 19:31


http://this.kiji.is/150144849008068089?c=39546741839462401



戦後70年、もはや日本再生を蝕んできた元凶を一括駆除するほかに「日本を取り戻す」術がない。


全ては「日本再生」のために不退転の決意で臨んできた安倍晋三総理なくして実現することはない。

自民党党則改正は、日本100年の大計にかかわる重要案件である。


そしてとうとう「外患罪」という切り札を切る環境が整ってきた。

この切り札を行使するしか「日本再生」の道はない。


安倍総理と余命プロジェクト…この存在なくして戦後以来のこの難関を突破することは不可能であることに国民は気付き始めている。


そんなことができるのだろうか…などと疑心暗鬼に思っている国民は大多数であろうが、一つの現実で世間は一瞬にして目覚めるのである。


日本再生のために天与の時と人材が与えられた今、国民は国家100年の大計のために船頭に舵とりを委ね、援護射撃することがこの時代を生きる日本国民の使命である。


反日の発狂ぶりが半端ではない。



この記事へのコメント

  • ハゲおやじ

    大和心様

    ご無沙汰しております。

    ここにきてネット上での保守派国民に対する言論統制が
    ひどくなってきたような気がします。先日発売された余命本の
    Amazonレビューも保守派の方の書いたものが次々に消されて
    いるとの情報を豆腐おかか様のブログで知りました。

    かく言う私も先日facebookで24時間のアクセス禁止を
    食らいました。2ちゃんねるやTwitter中心に情報を提供
    してくださる保守派論客カミカゼじゃあの氏のツイットを
    引用しただけなのですが…。

    支那から日本へのサイバー攻撃が常態化している昨今、
    尖閣がああいう状況ですので大規模なサイバー攻撃を
    仕掛けられる可能性があるから気をつけろという内容に
    ツイットでした。

    まぁ、facebookのCEOであるザッカーバーグ氏の嫁は
    支那系米国人なのでさもありなんかとも思いました。

    また似たようなことはYouTubeでも以前からありました。
    韓国を批判する動画には厳しい対応をされているようでした。
    米国YouTube社長の嫁は韓国人との話。

    こういう言論統制に負けないように広く啓蒙することが
    出来ればと願っております。

    大和心様、並びにこちらにお集まりの皆様へ

    ご自分のお使いのパソコン、スマホ等のセキュリティ
    対策はどうぞ抜かり無くおやりください。

    相手は世界一のサイバーテロ国家と目されている国ですので。
    2016年09月22日 12:37
  • 山縣

    波羅様

    私も大和心様同様に波羅様の歴史や芸能情報についてのお話には勉強させられます。学者やジャーナリストより文化やエンターテイメントの方がはるかに社会の予兆をとらえてますからね。

    AKBや乃木坂の情報について思い出したのが、最近、失速気味のももクロです。失速の理由の一つが古市憲寿との対談で慰安婦問題に言及し、ももクロは反日アイドルとレッテルをはられたことも大きいのではないかと思います。本当にアイドルの周りには真っ黒な連中が群がりますね。

    左翼ポップス終焉の解説も非常に興味深く読ませていただきました。最近、音楽メディアや評論家が若い世代が邦楽しか興味がなく音楽的鎖国状態であるとの記事をよく拝見しますが、その一つが鎖国状態である日本の放送業界の構造ではないかと思います。
    日本は田中角栄以来の総務省や既存メディアの放送利権により外国と比べてもラジオのチャンネル数が少なすぎる。限られた枠の中に電通や大手メディアがタイアップしたアイドルばかり出演させ、
    外国アーティストと接触する機会を意図的に減らしてることもあるのではと考えます。
    また米英のロック・ポップスの絶頂期は60年代後半~70年代であり、日本が米英の音楽を積極的に吸収したのが70年代~80年代であり、波羅様の解説同様に米英自体が新しい音楽的才能を生み出す力を失っていることも洋楽離れの最大の原因ではないかと思います。
    2016年09月22日 07:03
  • 大和心

    波羅様

    造詣の深い、波羅様の芸能界裏情報や日本建国史を大変興味深く拝読させていただいております。
    2016年09月21日 23:07
  • 波羅

    この一年で、吉永小百合が反日左翼朝鮮勢力に洗脳された広告塔アイドルだと完全にバレてしまい、国民から総スカンを食らった反日芸能界が新しい広告塔を立て始めています。

    一人はオリエンタルラジオ中田敦彦です。移民推進派の反日左翼で芸人の立場を隠れ蓑にしてますが、芸名の由来は昭和天皇の玉音放送への揶揄冒涜疑惑で、昨年は反日ネタ・ラッスンゴレライの後押し、今年は奇妙な反日ソングの発売、嫁の旧姓が福田、外見も三代目J-SOULブラザーズ(和訳:在日三世兄弟)のメンバーそっくりを自負と香ばしさ満点です。

    そしてもう一人が、乃木坂46の生田絵梨花です。これは本人には全く責任は無いのですが。
    本人は世間知らずのお嬢様で頭も良く好奇心旺盛な真っ白な布なのですが、周りが真っ赤な反日だらけなのでみるみる赤く染まっています。本人にその自覚はありません。
    乃木坂46自体が様々な黒い大人たちの思惑で動いてます。
    この子と周りの大人たちを見てると、大人の責任の重大さを痛感させられ、色々と考えさせられます。

    最近、両親と一緒に韓国旅行に行ったそうです、このご時世に。まあ韓国の梨花女子大学は日本のお茶の水女子大学のような存在なので、名前から察するにそういうことなんでしょう。
    抜擢された舞台レミゼラブルは原作者が左翼作家で、主人公ジャン・バルジャンの養女コゼットは無垢な染まりやすい世間知らずの娘であり、左翼活動家の若者と恋に落ち結婚します。原作自体がそういう話なのです。
    生田絵梨花(本人)がパズドラのスコアランキングで全国1位をとりごくごく一部で話題になりました。本人かどうかはともかくパズドラはアッチ系の反日会社です。

    生田絵梨花をポスト堀北真希と持ち上げる提灯記事がありましたが、堀北真希の事務所は、堀北の芸名、レオパレス21のCM、韓国アイドルと契約、などかなり北朝鮮(統一教会)臭いです。
    櫻井翔との長年の噂も父親に対する堀北の事務所を含む反日勢力の情報工作の一貫に思われ、利用されてた本人が激怒して結婚に踏み切ったのではないかと。
    都知事選の混乱と繋げると、色々と推測されます。

    高尚なお話ばかりの中、本当に下世話な世俗の妄想ですみません。
    2016年09月21日 21:04
  • 大和心

    特命希望様

    一つ一つが別々に発生しているように見えて、全て一本の線で繫がっているということでしょう。常に困っている者から動き出すのが世の常です。
    仕掛けたつもりが、結局は自ら恐れていたことを暴き出され墓穴を掘っていく…時間の問題だけであり、この流れは止まりそうにありません。
    2016年09月21日 20:12
  • 大和心

    芋瀬童子様

    歴史が動くときは、天意に沿って動かされていると思われます。
    動かすもの、動かされるもの、全てが同時発生的に一つの方向に向かっているようです。
    2016年09月21日 19:56
  • 特命希望

    主様の仰るとおり、総裁任期を延長することは、反日勢力を叩き出し美しい日本を取り戻すために必要不可欠な事案だと思います。
    リテラシーが高く真偽を見分けることのできる国民は、野田や石破など売国奴一味が獅子身中の虫となっている『自民党』を支持しているのではなく、安倍総理を支持しているのですから。
    もちろん、安倍総理の健康状態にもよりますが、恐らく目標達成までは腹を括って取り組む覚悟でありましょう。
    また、小坪氏も覚悟を決めて闘う覚悟を決めたとの由。
    我々一般の国民にも、「安倍政権を後押しし共に闘えと」いう総理の檄が飛ばされているような気さえ致します。
    蓮舫はじめ売国政治屋共を外患誘致罪で排除することも重要ですが、小坪氏の取り上げる押し紙問題を多くの国民が知り、広告主・読者一体となって兵糧攻めにする、またパチンコも安倍政権が少しずつ締め始めていますが、やはり国民が自発的にやめて廃業に追い込む努力も求められるでしょう。
    それと同時に、余命チームはじめ保守勢力を、我々一人一人が自分のできる範囲で支援していく。
    高江における左翼の無法ぶり、台湾当局に国籍離脱を未だ申請していないのではないかという疑惑(台湾外交部がそのような発言をしております)を無視して蓮舫を擁護し続けるマスゴミ、豊洲地下空間に関するデタラメな調査()を以て得点にしようとしている共産党に創価まで同調している事等、主様の言われるように「反日の発狂ぶりが半端ではない」状態なのでしょうね。
    事実をマスゴミが報じないのであれば、各自がそれを拡散する努力も必要であろうと考えます。自分は、拙ブログにて大手マスゴミが報じない事実を紹介するくらいしかできませんが・・・
    以上、駄文にて失礼いたしました。
    2016年09月21日 19:50
  • 芋瀬童子

     物理学にコリオリの力というものがある。地球の自転の影響力で、砂漠や平原で迷った人が自分は真っ直ぐに歩いている積りが実際は曲がっている、歩き続ければ理論的には元の処に戻る。
     今の日本には私思うに日本神界の力が作用している。小池百合子氏も東京都民も自分自身としては自らの信念によって行動した積りであろうが日本神界の霊気に吹かれてこう言い、ああ言い、こう行動し、あのように行動、となったのだろう。無論その過程で分別されてもいる・・日本臣民として残すか残さないか!自民党にしろミンシン党にしろ党大会で色々の人が発言し、行動しようが神界からはこの駒をこちらへ、その駒はあちらへ、云々となっているだろう。こうして事象は終局に向けて絞られつつある。今、日本人が最も肝に銘じなければならないのは『自分もまた分別されつつある』という事だと思う。
     

    2016年09月21日 13:55
  • 大和心

    神無月様

    仰る通りですね。
    押し紙問題を表舞台に引っ張り出される事を最も恐れている反日新聞にとって、結果的に墓穴を掘ることになりそうです。
    2016年09月21日 12:02
  • 大和心

    高天原 正様

    二重国籍問題と血筋の関係を混同させていますね。
    敢えて発言することによって馬脚を現しています。
    2016年09月21日 11:58
  • 神無月

    大和心様。

    「総裁任期なし」の件、世は移り派閥争いの構図は弱まりました。
    健全な情報社会が訪れれば、国民が多数支持する者が総理大臣になることが民主主義だと思います。

    別の視点で、任期を全うせず1年足らずで首相がコロコロ変わるこの国の構造も問題です。他国から信用が無かったことの要因です。

    安倍総理の長期政権になって、他国から一目置かれる立場になりました。

    安倍総理ほどの国士は見当たりませんが、任期の件は情報の健全化にかかっていると思います。

    その件で、小坪しんや氏が腹を決め動くようです。
    新聞各社の押し紙問題(発行部数水増しによる広告料金の詐欺取得)

    小坪市議を貶めた、西日本新聞の対応が切っ掛けで、以前から発言していたこの問題に立ち上がります。

    反日新聞は水増しが多いようですから、この問題は大きいと思います。

    https://samurai20.jp/2016/09/payback-time/
    2016年09月21日 08:24
  • 高天原 正

    保守速報より脱法ハーフ二重国籍周辺事案

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48488157.html
    橋下徹 Twitter
    日本国籍ガーと国籍を語る人に限って日本の国籍法が採用する血統主義の思想的根本問題を何も考えていない。血統主義とは個人で人生を切り拓く希望・可能性を奪う考え方。血筋が全て。血筋なんか言い出したら俺はアウトだよ(笑)何よりもうちの子どもが血筋なんてのに拘束されるなんてまっぴらごめんだ

    化けの皮がベロンベロンに剥がれてますね。
    偽装保守の振りをするもんだから民進党よりも頭が良い、より騙される人が多い。余命系ブログ読者の我々は大丈夫ですが。
    この論で二重国籍議員を増やし続け日本を食い散らかすつもりです。


    http://hosyusokuhou.jp/archives/48489069.html
    告発人「本日、蓮舫代表を公職選挙法の虚偽表示の疑いで地検へ刑事告発状を提出しました。公民権停止を求める」との事。
    外患罪、最低でも国外を望みますがね。
    2016年09月21日 02:09
  • 大和心

    瑞教様

    日本再生の実現にとって、安倍総理の悲願を成就する決め手は、国民世論による後押しという段階にあります。
    ここは、愛国国民の覚悟が試される試金石と言えるでしょう。
    2016年09月20日 18:06
  • 瑞教

    はい、主様の仰る通りと思います。小生、今自分が為すべきこととして、外患罪告発委任状6枚、早速送りました。
    2016年09月20日 17:27
  • 通りすがり。

    先の改造で二階氏を幹事長に抜擢した理由は、なるほどこういう事ですか。
    要は党内のリベラルというか、親中派の有力者を抱え込んで貸しを作り、彼等を間接的に動かすと。
    如何にも策士の安倍総理らしいなどと、色々考えてしまいましたw
    2016年09月20日 15:53
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442095217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック