165.人智と天意が織り成す歴史の転換。

今まさに歴史の転換期にある。
そしてこれは後世になってから「あの時が…」と気づいたり評価されることもあれば、今がまさに「その時」と認識されながら起こる場合もあるだろうが、よほどの情報弱者でない限り、今は紛れもなく後者であることは云うまでもない。

歴史という無限悠久の大河の流れのなかで、この千載一遇のタイミングに生を受けていることの奇跡に感慨もある。

歴史が転換されるときに、その多くは人災である戦禍を伴い、時に大量な一般国民の犠牲を払うことは元より、国家を崩壊に至らしめることは長い人類史において証明されてきた。

従って歴史の転換に立ち合うというのは、命を懸ける覚悟が必要で、恰も他人事のように、これを尤もらしく言葉で表現するのが適切かどうかは一概に云えないだろうが、敢えて私なりに表現するなれば次の様になるのかもしれない。

゛歴史の転換は、人間社会における様々な利害得失に対する軋轢や、人類のモノ、カネ、権力、自己顕示欲その他の欲得が、ある一定の限界点或いは飽和状態に達した時に、ある意味での化学反応を惹起させたときに起こる゛…ということになるのかもしれない。

それが敵対するどちらの側にとっても多くの犠牲を伴うが、それは行き詰まった現状の浄化であり、新たな価値観と国際社会のレジ―ムチェンジへ舵を切る時代変革である。

しかし、これだけで歴史が転換すると考えるのは片手落ちであり、どこか腑に落ちないものを感じるのだ。

それはどうも、この世で起こることは森羅万象全てが人智だけで動いている、と考えるのは、人類の驕りであり過信であると考えざるを得ないからだ。

所詮は人間である。
神に近づこうと思うことはあるものの、欲得にがんじがらめになり、いざとなれば身を差し出して公の為に一肌脱ぐことなど、口では言えても中々できないのが人間というものである。

従って大きな歴史の転換は、目先には人間の欲望で動いているように見えるが、目には見えずとも、そこには人智では及びもつかない巨大な力が作用していると考えなければ、容易く動かせるものではないだろう。

それを天と言うか、神と言うか、something-greatと言うか、目に見えないが故に形而上と言うかは様々であっても一向に構わないのであるが、ともあれ人智を超えた、或いは人智では到底及ばない巨大な力が作用しなければ、決して歴史の転換は起こらないと信じて止まないからだ。

仮に、北がソウルに核ミサイルを撃ち込めば、わが国にも第二次世界大戦以来未曾有の大惨劇となることは避けられない可能性が高いことは云うまでもないであろう。

しかし半島有事を天意の謀(はかりごと)という遠い視点から俯瞰すれば、表では米朝、日朝、南北、或いは米中、米ロの確執または覇権争いという様相を呈しているかに見えるし、国際社会を巡る各国の思惑が現象化していることを否定する者は少数であろうが、かなり見方が変わって来ることに気づく。

なぜならばこれは人間社会が産み出してきた利害得失の軋轢がもたらしたものであり、人類の欲から生じた、あくまでも人智レベルが表層化した現象ではないのだろうか…と思えてならないのである。

もしもここに天意が働いているとすれば、その先に見えるのは、韓国の解体ということではないのだろうか。

韓国大統領選が5/7に迫ったが、有力2者はいずれに転んでも朴槿恵以上の反日思想家であり、最有力候補の親北、反米の文在寅が就任した暁には、米軍完全撤退の早期化とTHAADの撤退、そして半島に統一共産国家誕生…が現実化する可能性が高いだろう。

その筋書きは誰が考えたか、天意なのかは目に見えない故にわからないが、韓国有力企業のサムソンの凋落や韓進海運の破綻…等で経済の崩壊と相まって国家危機が局面に達し、一国のトップが期途中で失脚するという状態は、有事以前に既に国家破綻といっても過言ではなかろう。

つまり、形而上では朝鮮戦争の再発を待たずして、既に韓国の解体、消滅は予め天意によってシナリオが描かれ、それが形而下に顕れている現象と見れば、全く別な見方になるのである。

そこに至る過程では日本国民も、有事勃発、国防動員法発令、国内暴発事件の勃発、難民の流入等々尋常ならざる試練を受けざるを得ないのかも知れない。

在日帰還や反日勢力の殲滅は、その試練の先に見えてくるはずである。

だがそれによって戦後長きに亘って押し付けられてきた不条理な戦後体勢を崩壊させる、というのが天意だとすれば、それは新たな世界を牽引する試練を日本人に課したのかも知れない。

この記事へのコメント

  • King

    国家、宗教etc
    「組織の最大の敵は理性」であると考えてます
    組織、支配、その形態が崩れさる時代
    次の時代のキーワードは「個」
    あくまでも私観ですが。
    2017年05月20日 10:57
  • 神無月

    大和心様。

    科学技術が予想を超えて急速に進んできました。
    相互作用で、加速しています。

    映画マトリックスの世界が現実化してきたようです。

    人類が未経験の領域です。

    プライバシーも既に無くなる方向で、個人の情報や行動は24時間見えてきます。

    個人が個人で無くなった時、何が生きる力になるのでしょうか?

    形而上では次元の違う事が進んでいるのかも知れません。
    過去に囚われている者は終わり、次元上昇した者が新たな世界を創るのかも知れません。

    形而下に見える事象は、枝葉末節。
    2017年05月01日 00:40
  • 佐久奈

     主様、連投すみません。歴史の転換期のお題に触れ、過去ログ33の波羅さまご投稿の日産の三菱自動車買収のご心境の件り、大いに賛同させて頂きます。

     原発誘致に電源三法交付金をぶら下げて同グループの地所部門が立地現場を買収、応じない地元民には強引な恫喝を含む嫌がらせなど自らの手を汚さずに配下の厄雑にやらせる。また電力会社の重役が各メディアに天下り、立ち退きに応じない人を印象操作によって悪者に祭り上げ、裁判になっても裏から金で判事を黙らせる。各大学への寄付金による買収など、これらの汚染は原発が始まりと言っても差し支えはないと私は思う。

     有り余る金が、地方議員、国会議員、司法と蝕んで最初の”意図”から大きく外れ、
    金を教祖とする”惡糸”に繋がれた亡者どもが権力を駆使して類を呼び集め、
    ありとあらゆる国家の要を一瞬で汚染しました。悪平等の多数決の始まりです。
    非常識な大金が思いのままに動かせ、国民に対する一大詐欺がまかり通ったのですから。
    初めは諸国列強に負けては居れんと始まったエネルギー問題だったはず。
    当然それで事は収まらず、散々汚れの御用をさせたのを逆手に企業内部への浸食を許すと云う、悪循環。

     天意の引っ掛け戻しにまんまと掛かり、叩けば埃の出る身体、今の余命さまの返戻騒動についてもこれらの事情が少なからず関係すると考えますが、もし、世論を(在日憎し!つまみ出せ!)を狙ってハングル貼りの段ボールを使ったのならばそれは間違い。だとすれば、もう一段奥に座す悪の存在を疑わねばなりません。
    本質を欺くのに陽動作戦を多角、多段重ねで打ってくる極悪の本家の常套手段故、気を引き締めて目を凝らさねばなりません。何せ、奴らは血の繋がった実の兄弟でもこの作戦を以って容赦せず、邪魔とあれば嵌め殺しにかけるのですから。このやり方は後にまた禍根を残し、新たな”メグリ”となります。今の子供たちにそれを背負わせてはなりません。

     今はこの古いレールを乗っ取り日本を蝕む輩どもを放逐するを第一として、皆が同じ歩調を取らねばなりませんが、”その後”と云うものを先見する目利き役の重要性を主張します。
    2017年04月30日 13:49
  • 特命希望

    連投失礼いたします。
    柄にもなく、形而上世界から見た事象について考えているうちに、最近でこそ覚醒しつつある人間が増えているとはいえ、日本の現実は、未だに反日勢力の言いたい放題、やりたい放題に感じられ、自分はもどかしさでストレスが溜る一方です。
    例えば、マスゴミは偏向報道収まらず、特亜三国人の犯罪は後を絶ちません。国会では、野党の下らぬ打揚げ足取り、審議拒否、与党公明党は自民に協力する振りをして、やはり特亜三国に不利になる法案に穴をあけています。
    そして自民党でも、相次ぐ大臣や議員の失言や女性問題のスキャンダル。それをまた餌に、攻撃を仕掛けてくる野党。
    もちろん、二階派に代表されるような獅子身中の虫を炙り出し、排除しようという安倍戦略の一環でしょうが、事情を知らない一般国民の目には、スキャンダルが続くという印象を与え、ボディーブローのように政権を痛めつけるのではないでしょうか。
    また、天皇陛下御譲位に関する特例法案の文面から「陛下」という敬称を取るように野党が要求すれば、自民党もあっさり譲歩する始末。不敬の極みであると考えます。
    以前、主様が述べておられた「安倍総理は反日勢力共を大きな網の中で泳がせている段階である」、「日本人は、とかく性急に結果を求める傾向にある」というお言葉を思い出し、自分は「一体いつになったら、総理は網の口を締めるのか」と歯痒く思っております。

    と、ここまで考えたときに、安倍総理は形而上の動きを察しており、天の時を見極めて動いているのであろうと思い至りました。
    勿論、皆様にはとうにご承知のことでしょうが・・・
    トランプ大統領も費用対効果を重んじるビジネスマンなので、多額
    の費用をかけて朝鮮半島にまで一連の空母艦隊を派遣し、徒に時を過ごしているとは考えられません。
    私が妄想するに、安倍総理が形而上の天の時を大統領に伝えているのかもしれません。イギリスのメイ首相、ロシアのプーチン大統領
    にもそれを伝えているかと愚考いたします。
    戦後レジームを清算し構築し直すためには、戦争というドラスティックな手段が必要なのかもしれません。
    勿論、半島や大陸を侵略し支配しようという野心は、天意に背くものであり否定されるべきものですが。

    ところで、普段は古事記など形而上の世界を形而下の事象と結び付けてわかりやすく解説されている、ねずさんこと小名木善行氏のブログの記事で、珍しく現在の日本人の具体的日常を批判している文章があったので、紹介させていただきます。
    元記事は長文なので、最後の部分のみ抜粋します。
    「韓国を笑えない日本の現実」より。
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3372.html
    引用開始
    >不幸にして日本は、その、どことは言いませんがある半島を併合して、本土以上にインフラに毎年巨額の歳費を計上し、実際それによって、半島の衛生環境や教育環境を劇的に改善し、鉄道を敷設し、道路をつくり、約五百年にわたって増えなかった人口を二倍に増やし、文字を与え、残酷な刑罰を廃止するなどしてきましたが、その結果、何と言われているかというと、「日本によって植民地支配され、20万人の若い女性を性奴隷にされた」です。
    「恩を知るをもって人とはいうぞ」とは、吉川英治の『新平家物語』に出てくる言葉ですが、その「恩」をまったく解せないのが、昔からの半島の有り様です。
    誰が考えても、酷いものだと思うのですが、ところかそうした歴史上の事実も、「対抗国家」としての戦後日本に染まった日本の「知識人」には理解できません。
    それどころか、その半島に、理解できないシンパシーを抱き、むしろ日本文明は半島から学んだものであるとまで言い出す始末です。
    そして現実に目の前に迫っている半島有事についても、まるで他人事としてしか理解できない。

    もし有事となって、北朝鮮が東京に向かってサリンやVXガスなどを搭載した化学弾頭を発射した場合、取り返しのつかない重大時となることは、今の段階でさえも想定できるのに、せっかくいざというときのために政府が広報誌を作っても、テレビに流れるのは、相変わらず朝鮮顔をしたお笑いタレントのおバカ放送ばかりです。
    いまの日本は、実は韓国を笑えないのです。

    引用ここまで



    2017年04月29日 19:14
  • 工作を直感的に多変量解析してみた。

    通貨発行権を支配する英米国連バチカンのロスチャイルド王国と、その偽ユダヤに原爆を落とされ焼け野原にされた後に、日韓併合で助けてあげたのも一切気にもせず、襲い収奪する側に回った第三国人とは、植民地日本支配の主と手先のような気がします。

    植民地支配の主に対しては、通貨発行権を英米カナダ他各国が取り戻すこと。
    https://m.youtube.com/watch?v=dCIVgxCc6IY
    https://m.youtube.com/watch?v=cwBBZdQ5Pmw
    https://m.youtube.com/watch?v=_awybclVU7o
    日本を支配する北朝鮮韓国リミョンバク系に対しては、共謀罪を早期に成立させ、テロを未然に防ぐこと。
    https://m.youtube.com/watch?v=SjQy5rmTvFU
    https://m.youtube.com/watch?v=7KhJ3M9ZWhs

    この二つが、日米でできれば、世界は奴隷支配から人類の手に戻る。
    でなければ、ロスチャイルド王国が支配するイスラエルで、サタン信仰の神殿が建つ。
    アルバートパイクの計画とされるおそらくは三代目のライオネルの計画が、実現し、人類皆が奴隷に、核戦争の後、なるかどうか。

    桜井誠さんは正しいが、現実の国際情勢の元では、上記主従の支配で暗殺や社会的メディアによる抹殺がまかり通っていた訳だから、相当の日本人が死んでる。中川昭一しかりだ。
    現実には殺されずに、動かしていかなければならないので、安倍政権、青山繁晴議員、中山恭子議員、足立康史議員、丸山穂高議員、皆が頑張ってくれている。

    郵政民営化は、上記主従の従による主へのご奉仕だったと今では思う。
    騙されにくくなって、あー良かった。主従のしてきた様々な公私の日本の植民地化で、祖父母も父母も筆舌に尽くせぬ苦しみの中を愛情深く子育てし、命を繋いできた。

    戦後も日本人はよく奪われ、税金から年金から、通貨発行権の支配者に抜かれてきたんだと思うと、一言、返してくれ。日韓併合でその後の恫喝でも、奪った命と金を返してくれ。
    と、主従には言いたい。これ以上、日本人から産屋を奪うな。曽祖父母の代から、ずっと日本人は自らは貧しく、世界の公正のために尽くしてきた。

    もうそろそろ、奴隷支配搾取してきた国際銀行マフィアが、内部で自粛し自制し、日本の栄光を日本に帰し、主従による奴隷支配世界自体終わらせ、独立国家に戻った日米の真の日米安保を結びたいものだと思う。
    2017年04月29日 19:08
  • 佐久奈

     
    主様、毎度お世話になります。

     こちらでよく拝見する 形而上、下の”而”を私観にて申しますと この文字にいつも一番に浮かぶ象形が櫛であります。
    「形而上」の櫛、神伊弉諾尊が黄泉国でその一節を折り、火を灯されたと云う湯津爪櫛。(宗)”おほもと”の聖師様がこの六言霊について以下様に説いておられます。

    ユ=天地神人顕幽上下一切の真釣り合わせ 国家安寧 民心正直に立て直す努力。
    ツ=日の大神の御稜威を信じ、至誠心を起こし、口・心・行いの一致、則ち神霊の発揮。
    ツ=生長の途中であるを理解し、大決断力を以って実相真如の神民とならしめる。
    マ=全人種の第一たるを自覚し、胸中常に明にして無為円満。
    ク=暗黒を去って賢明に帰し、万事神助を得て意の如く物事成就。
    シ=信仰堅く、敬神尊皇報国の忠良なる臣民。

    ”八雲立つ出雲八重垣褄込の八塀垣作るその八重堅磐”
    鍵を握るは櫛(奇稲田姫)

    今回のお題にも当てはまるのではないでしょうか?
    過去既出であればお許しください。一二三代諱や言ノ十(古都の神)。
    2017年04月29日 14:03
  • 波羅

    (文春記事の感想)
    一般人の橋本奈々未が乃木坂46の公式サイトを使って、村松氏と自分の関係は潔白だとファンにアピールしてましたが、この視野の狭い自惚れ馬鹿娘は何を勘違いしてるのか、スキャンダルの主役が元芸能人の自分だと思い込んでいる。
    二人が親子の関係だろうが男女の可能性だろうが、スキャンダルを仕掛けた側にはどうでもいい話だ。

    このスキャンダルの核心は、共産党(文春、チャイナ)の脅しにSONYミュージック側が屈して村松氏を代表取締役から平に降格させたと受け取られることであり、今後もこのような左翼勢力の言いがかりやスキャンダルを仕掛けられる度に、SONYが共産党勢力に便宜をはかることになれば、文春がやってることは総会屋そのものだ。

    Zeppのアジア進出は官民ファンドという国民の税金で行われるわけで、チャイナマネーに利益をもたらす為に日本人の税金を使おうとする連中が官民双方に大量にいるのが、一番の問題である。進出したきゃ勝手に自腹でやればいい。

    これは日本とチャイナの国益を巡る戦争であり、小娘が自我丸出しでしゃしゃり出る幕では無い。
    橋本は自分が普段どれほど重大な人々と簡単に関わっているかまるで理解出来ていないし、村松氏は自分の立場が共産党勢力から標的にされた自覚が全く無かった。
    芸術関係にはこの手の国益を危うくするお花畑馬鹿が多すぎる。
    2017年04月29日 06:20
  • 特命希望

    安倍戦略が自分には難解極まるものであることを承知の上で、ぼんやり妄想せずにはいられないのですが、総理が当初予定されていた一連の外遊で、北欧諸国訪問を取りやめてまで、露英を訪問するというニュースを見て思いました。
    以前、波羅様が、イギリスと旧瀋陽軍区との深い関わりを指摘され、「究極的には、多くの欧米諸国が朝鮮戦争再開⇒朝鮮民族滅亡のシナリオまで考えている」と述べておられたやに記憶しておりますが、その路線の確認、打ち合わせも裏では行われるのかと考えてしまいます。
    又、金正男暗殺のニュースで流れた映像で見たのですが、マレーシアの北朝鮮大使館へ入っていく大使館員の車が、他でもないジャガーでした。なお、ジャガー社は、ランドローバーとともに、インド最大の自動車会社のタタ・モーターズ傘下に属していますが、インドはイギリスの旧植民地で、深い因縁があります。
    私は、この映像からもイギリスと北朝鮮のつながりを感じました。
    そして、イギリスのメイ首相は、Wikiの記述によれば、ガチガチの保守主義者であるように思われます。

    なお、これは私の願望がかなり入った妄想ですが、安倍総理はイギリスの北朝鮮大使館を通じて、拉致被害者に関する情報提供取り計らい方を依頼するかもしれません。
    イギリスの作家フレデリック・フォーサイス氏によれば、「大抵の国は、諜報機関のエージェントを、海外公館の外交官として各国に駐在させている」とのことです。
    氏は、自らも諜報機関員としての経験もあり、又その作品は限りなく事実に近いフィクションです。
    そのようなことから、つい北朝鮮にある英国大使館にも情報収集のスペシャリストがいるのではないかと想像してしまいます。いや、北朝鮮だからこそ、その必要性は高いことでしょう。

    ロシアに関しては、軍を北朝鮮との国境に配備しています。北朝鮮からの難民流入を阻止する目的が第一でしょうが、北の体制崩壊に乗じて南下する意図もあるでしょう。
    もしそうなったら、生き残った政府や軍部を含む北朝鮮の人民が韓国になだれ込む事態になって、半島が大混乱に陥るのではないでしょうか。
    日本は、半島からの難民流入を全力で防ぎ、半島とは一切縁を切ることが出来れば幸いかともいます。
    安倍総理のことですから、そのあたりの話もしたかと思われます。
    なお、ロシアのプーチンは、諜報のプロにして徹底したリアリストなので、英米と戦争を起こしたら自国は愚か、世界が破滅することはわきまえているはずです。

    以上、駄文・長文にて失礼いたしました。
    2017年04月28日 19:30
  • 神無月

    大和心様。

    日本は世界の雛形。
    日本列島が救世主。
    大和民族の遺伝子は特別。
    神の声を理解出来る霊性。
    シラス国を実存させた国。
    江戸は当時世界最高の都市。
    本物の平和、平等主義。

    偽ユダヤ資本主義の限界。
    共産主義の亡霊の足掻き。

    地球の次元上昇は始まっているようです。
    光、闇、善、獣の人間の選別は終わっているようです。

    明治維新以降、人間としての成長を止めた大和民がそろそろ目覚めるのでしょう。

    光側の善人によって。



    小池都知事は、敢えて内ドンを生かしています。
    都議選で生殺しにするのでしょう。

    闇の巣窟TOKYOに光が射し込めば、列島が胎動します。
    .
    2017年04月28日 12:59
  • S

    大和心さま。
    更新、お疲れ様です。このテイストの記事、「大好き」です。
    2017年04月28日 10:31
  • 波羅

    週刊文春とは、共産党工作機関であり、有田芳生は文春の同志です。

    ですから北朝鮮のこのタイミングでの、昨日発売の文春が掲載した乃木坂46元メンバー橋本奈々未とSONY村松氏のスキャンダル記事は、標的が元アイドルの橋本では無く村松氏とSONYミュージックであり、今朝ニュースのSONYミュージック100%出資のZeppアジア進出利権を巡る反村松派をけしかけた共産党勢力の攻撃では無いかと思われます。
    この企画の最大の問題は、民間の音楽会社が経営するライブハウスの海外進出に日本国が税金を出してる点であり、進出先がシンガポール、マレーシア、台湾とまぁ見事にチャイナ資本の根城ばかり。
    文春が共産党機関誌であることがとても良く分かりますし、ここにシャープ買収や東芝分社化とチャイナ資本の原子力技術買収の動きを加えると一枚の大きな絵が描けます。

    似たようなケースに、2012年の創価南朝鮮AKB48の指原スキャンダルで北朝鮮文春が楔を打ち込み、上海ジャカルタ48から北朝鮮資金ルートを作った疑惑がありますが、問題はより深く進行しているようです。
    2017年04月28日 09:52
  • 情報操作された中での危険


    #い 北朝鮮によるソウルへのミサイル着弾。

    その場合、日本中立宣言。中露米日は、対話しながら国境近くに軍集結。状況見て、必要あらば日本海東シナ海封鎖。有事、国内で総連がどう動くかは不明。但し北朝鮮からの指示でゲリラ、テロ作戦の可能性あり。北朝鮮が半島を武力で統一するにせよ、瀋陽軍区から半島までの開発には、日韓併合当時同様に、天文学的規模の日本資金収奪がいる。リミョンバク発言は、そのまま、北朝鮮の計画と見なせば、腑に落ちる。

    #ろ 北朝鮮による米国本土への弾道弾ミサイル。

    まさにそのために、米軍は、北朝鮮攻撃の一手を打てる位置についた。日本は中立宣言を出せる立場には、ない。すでに米軍基地を国内に抱え、艦隊の修理メンテナンスを行う後方支援部隊だからだ。この場合、韓国も同様であり、それ故、日韓合意も米韓合意も、破棄する政権を北朝鮮主導で前政権を潰し、樹立を図るのではないか。親日罪どころではなく、親米親日派の議員は一気に殲滅されるかもしれない。北朝鮮への拉致被害者問題どころか、在韓邦人全て拘束ないし射殺が、北主導で起こる可能性検討。日本は、この場合、対北朝鮮で日米ともに、結果として戦争状態になる。

    結局のところ、北朝鮮に、日本を核ミサイル攻撃する意図があり、日本を資金元としているので、北朝鮮ー総連の、対日本人戦は、北朝鮮の意思で暴発しうる。

    #は 北朝鮮による直接の日本攻撃。東京都への核ミサイル攻撃、官邸不能のリスク。
    同時に日本各地潜ませた自動小銃、バズーカ砲によるゲリラ戦、サリン、VSガスによるテロ。日本人虐殺。自衛隊基地爆破、人工地震の場合。

    →有事、外患誘致発動。北朝鮮の特殊部隊が、日本潜入の可能性もありきだけれど、米軍の斬首作戦が言われ、米軍もつめているので、戦力を北朝鮮に集中させるか、日本に分散して入り込ませているか、不明。北朝鮮軍に対して、米軍ハリス太平洋第七艦隊長と自衛隊とは、戦争となり、殲滅。同時に日本国内での死闘のゲリラ戦には、自衛隊の対ゲリラ部隊出動。ただし、ミサイル着弾地点、あるいは地方テロ地点多発の際には、実際には自衛隊が足らず、地方自治体、警察、消防隊は、暴力殺人や人命救助の観点から、Jアラートに対し、動く主体とならざるを得ない。
    ーーーーーーーーー
    小坪しんや議員からの重要な示唆、以下抜粋。>>
    北朝鮮からミサイルが発射された際、貴方と貴方の家族を守るのは、自衛隊ではない。
意外に思うかもしれないが、「地方自治体」である。なぜならば、自衛隊は「敵国と戦っている」からであり、これは東日本大震災などの自然災害と大きく異なる点の一つである。

    国を指揮所とし、県を経由した上で、市区町村が自在に動ける必要がある。
脳より指示を出し、神経を通って、手足が動かねば、かかる火の粉を振り払うことは不可能である。

    いざ有事となれば、当事者意識に欠けるという理由で死者が出る危険性すら危惧するほど。
そして、死ぬのは、貴方と貴方の家族である。

    消防国第3 8 号・消防運第2 4 号として平成29 年4 月21 日、消防庁国民保護・防災部防災課より、各都道府県防災・国民保護担当部局長に対し通知が出された。多くの自治体では、この通達に基づき、HPへの掲載を開始。だが、一部の県は、当該県の市よりも遅れている上、町村に至っては未だに対応が遅れている個所も散見される。

    「国民保護法に基づく情報伝達」の【即応性】の評価として看做されるべきだろう。
訓練だってしないよりは、やったほうが100倍マシである。
実際、市区町村にはそんなノウハウも覚悟も、そして準備もない。
    
だから訓練が必要であり、何が足りず、何の準備なら間に合うかを洗い出すことができる。
行うことにより、当事者意識をもつことができるのであり、それは何より「覚悟」につながる。ー抜粋ここまで。
    ーーーーーーーーー
    工作に妨害され日本国民の安全は、図れていない。
    国際組織犯罪防止条約を締結していない国は、
イラン、南スーダン、ソマリア、コンゴ共和国、ツバル、フィジー、
ソロモン諸島、パラオ、パプアニューギニア、ブータン、日本だけど、
    保守速報より。
    ーーーーーーーーー
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3372.html#more
    とある半島の歴史俯瞰。と日本の関わり。
    ーーーーーーーーー
    どうしても、韓国系の方、北朝鮮系の方と、自ずと違うはずの日本国民の視座が、曖昧になるため、

    日本国民の視座で整理してみました。
    ーもみじ 再
    2017年04月28日 09:20
  • 高天原 正

    中韓朝反日在日に比べロシアが怖すぎて首相官邸に以下のようなメールを送りました。

    安倍晋三内閣総理大臣閣下
    いつも閣下の御働きによって生かされていると思う今日この頃であります。当方大学生ですが、自分達若者の未来は閣下により作られているのだと、心よりこれ以上無いほど感謝しております。
    制約だらけの中、現実的に反日や中韓朝露の脅威に対応なさる事ができるのは閣下以外にはおりません。
    さて、
    ニューズウィーク日本版の「英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種」という記事によれば
    <イギリスのファロン国防相が「核兵器の先制使用も選択肢」とロシアを威嚇。ロシア側はイギリスを「地上から抹殺する」と応酬するなど、ヨーロッパでも緊張が高まっている>との事。

    英露が核戦争すれば世界が比喩ではなく壊滅します。

    ロシアが南下しようとするのはいい19世紀からの自前の不凍港を求める歴史的政策なのかと思います。

    そこで提案なのですが、勿論表立っては言えない事ではありますが、【中国と朝鮮半島をロシア領にするという事でロシアの領土的野心を満たす】というのは如何でしょうか?

    最早あらゆる面において中韓朝が世界にとって百害あって一利も無い国だというのは自明です。
    中韓朝の良い部分とも言えた古来からの文化も日本が昇華する形で吸収し、最早中韓朝に存在価値はありません。
    ロシアがヨーロッパや中東方面に進出すれば世界大戦は必至です。しかし中国方面に進出すれば…日米とも利害が一致するのではないでしょうか。
    閣下、訪露なさる前に愚民の一愚見ではございますが御一考なさってください。世界の真の平和の為に。
    2017年04月28日 08:30
  • サフラン

    大和さま、更新有難うございます。

    ふと、今が、大化改新のような気が致しました。行く末を慮っていらっしゃった昭和天皇に、今の世を、見て頂きたい気も致します。300年かかるのか、否か。

    前項に出そうと思っていたのですが、気持ちを切り替えてこちらに。
    https://samurai20.jp/2017/04/missile/
    https://samurai20.jp/2017/04/sonaeyo/
    ミサイル着弾と地方行政について、小坪しんや議員の注意喚起です。現時点において、最も必要な情報と思われるので。
    2017年04月28日 04:05
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449401369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック