170.煽る反日メディアの「強行採決」。もはや誰も「強行」だとは思っていない!

祝!テロ等準備罪衆院可決! 例によって反日メディアのヘッドラインは「採決強行」の文字が舞う。この法案が可決すれば、反日勢力はこれまで戦後70年余りにわたって特亜の利益に立って日本を乗っ取り、貶め、大手を振って日本を牛耳ってきた反国益勢力の論理が崩壊の危機に陥るとあって、どんな手を使ってでも阻止しなければならなかったのである。 第二次安倍政権誕生後は、彼らの欺瞞、捏造、煽動…国民を欺いてきた闇…

続きを読む

お知らせ

昨日来、何故かブログの送信機能がストップしているようです。 再三投稿しておりますが送信出来ません。しばらくお待ちください。 なお、コメント投稿には問題ありません。

続きを読む

144.国益と国家観を語れない民進党は消え去るのみ。

毎度のことながら連日の国会中継を見ていると、民進党など反日4野党の議員が登場するたびに、安倍政権に対する誹謗中傷、揚げ足取りに時間を割き、思った通りの答弁がなかったときにはやたらと中断を繰り返す場面ばかりが目立っている。 直近の世論調査において、安倍内閣の支持率が軒並み上昇し、大方'13年9月以来3年4か月ぶりの高水準を記録したようだ。 しかし、調査内容を見ていると、民進党か採決になるとしば…

続きを読む

143.トランプと稀勢の里。

この一週間は、トランプの就任と19年ぶりに誕生した日本人横綱・稀勢の里が話題の中心だった。 何の因果関係もないこの両者であるが、偶然とはいえ恰も歴史の転換期を象徴するかのようで、その対照が面白い。 言葉で刺激して世界を翻弄する多弁なトランプと、長い間忍従に耐え、育ての親・先代師匠や支え続けた周囲に感謝の言葉が絶えない寡黙な稀勢の里…大和魂と日本語の重さに、見る者は感動せずにはいられない。まる…

続きを読む

141 .小池都知事は何を焦るのか。

このところ、小池百合子東京都知事の言動が挑発的であると話題になっている。 焦りではないかとの指摘がある。 何に対する焦りかということであるが、端的に言うならば都知事としての存在感を持続し続けていくための生命線に位置づけている都議選で、64議席の過半数を親派で固めることに対する不安感、危機感を感じていることの裏返しではないかとの見方である。 ところで、読者の方々の中には既にお気づきの方もおら…

続きを読む