151.事の本質を看破する。

北のミサイル発射は、4発中3発がわが国の排他的経済水域に撃ち込まれたが、これは最早´有事´である。 その上、同時複数発射や発射地点が瞬時に見極められないなど、北の核ミサイル技術力の進歩が見られることから、ここにきて専門家の間では、わが国の迎撃ミサイルシステムの見直しが喫緊の課題として浮上するなど事態は風雲急を告げている、と危惧するのは私の過剰な心配性のせいなのだろうか。 そんな中で、朝日…

続きを読む

150.この3月、潮目は変わる!? ABE砲炸裂か!?

今や共謀罪に反対し、予算審議などそっちのけで森友学園問題を喧伝して、安倍政権失脚を目論む勢力は敢えて反社会勢力と言っていいだろう。 彼らにとって、安倍晋三総理は目の上のたんこぶである。 安倍政権の復活さえなければ、中韓特亜傀儡の工作集団として、今頃支那の属国としてわが国を軍門に下し、日本を乗っ取っていた可能性を否定することはできないだろう。 真正の日本国民であるならば、我が国は安倍晋三総理…

続きを読む

149.化けの皮

化けの皮というのは、剥がれるまでが命である。ひと度剥がれてしまうと魂胆が見抜かれているので、どんなに正当化しても装ってもじり貧になっていくだけだ。 特亜傀儡反日4野党は、敵性国家の工作要員であるから「国益のために」とか「国民のために」などというのは嘘である。特亜のために必死なだけである。 そのため、特亜に不都合な国益のための法案は、最初から叩き潰さなければならないのであるから、真正面から真摯…

続きを読む

148.テロ準備罪に反対する反日野党…命知らずなのか無知なのか。

 公安監視団体の共産党や、同党と共闘路線を歩む民進党など反日4野党は、テロ等組織犯罪準備罪(共謀罪)廃案に向けて、訳の分からない言いがかりや難癖をつけて必死に抵抗している。 真正面から議論する根拠も説得力もないために、閣僚の更迭など本旨とはおよそ無関係なところで妨害するしか打つ手がないようだ。  そして応援団の朝日新聞は「安倍政権と近い距離にある学校法人が国有地を格安価格で払い下げられた」と…

続きを読む

147.結界が解かれた。

結界が解かれた…という表現が正しいかどうかは確信していないが、この慌ただしく日々激変する世相を拙ブログ的にいえば、これが適切な表現になる。 元々「結界」とは仏教用語であるが、一般的には「俗なる領域」に対する「聖なる領域」という意味等で使われている。(wikipedia) 拙ブログでは、人智を超えた神仕組みの世界を「形而上」、現世に映し出される社会現象のことを「形而下」と独自に表現させていただ…

続きを読む