147.結界が解かれた。

結界が解かれた…という表現が正しいかどうかは確信していないが、この慌ただしく日々激変する世相を拙ブログ的にいえば、これが適切な表現になる。 元々「結界」とは仏教用語であるが、一般的には「俗なる領域」に対する「聖なる領域」という意味等で使われている。(wikipedia) 拙ブログでは、人智を超えた神仕組みの世界を「形而上」、現世に映し出される社会現象のことを「形而下」と独自に表現させていただ…

続きを読む

146.日米共同声明と戦後の闇をDNAに宿した売国奴たち。

Air force one …何しろ米軍最高司令官たる大統領の専用機であり、機内には軍事指令室が設置されている国家中枢の移動空間である。たとえ同盟国のトップであろうと米軍の中枢に乗り込むことは通常ありえないとされているが、トランプは政府専用機でなく安倍総理をこの聖域に招き入れ、同乗してフロリダに移動するという破格の待遇である。(小泉元総理以来) 最終的には18Rに調整された模様であるが、ともに…

続きを読む

145.安倍-トランプのゴルフ友好を快しとしない者たち。

世界はグローバリズムからナショナリズム(或はロ―カリズム)への回帰が急速に進行しているが、同時にリベラリズムの退潮が顕著となってきた。 この流れは戦後体制の崩壊と連動し、トランプの登場が一段と加速させている。トランプの発言が国際社会に刺激を与え、その度に国内外に波紋を与えているが、同時に米大統領選によって、日本のみならず米国や欧州もメディアの左巻きぶりが顕著になり、隠ぺい、捏造、願望や飛ばし記…

続きを読む

144.国益と国家観を語れない民進党は消え去るのみ。

毎度のことながら連日の国会中継を見ていると、民進党など反日4野党の議員が登場するたびに、安倍政権に対する誹謗中傷、揚げ足取りに時間を割き、思った通りの答弁がなかったときにはやたらと中断を繰り返す場面ばかりが目立っている。 直近の世論調査において、安倍内閣の支持率が軒並み上昇し、大方'13年9月以来3年4か月ぶりの高水準を記録したようだ。 しかし、調査内容を見ていると、民進党か採決になるとしば…

続きを読む

143.トランプと稀勢の里。

この一週間は、トランプの就任と19年ぶりに誕生した日本人横綱・稀勢の里が話題の中心だった。 何の因果関係もないこの両者であるが、偶然とはいえ恰も歴史の転換期を象徴するかのようで、その対照が面白い。 言葉で刺激して世界を翻弄する多弁なトランプと、長い間忍従に耐え、育ての親・先代師匠や支え続けた周囲に感謝の言葉が絶えない寡黙な稀勢の里…大和魂と日本語の重さに、見る者は感動せずにはいられない。まる…

続きを読む